array(15) {
  [0]=>
  string(8) "4972.036"
  [1]=>
  string(8) "4942.144"
  [2]=>
  string(8) "4884.851"
  [3]=>
  string(9) "4470.8468"
  [4]=>
  string(7) "4359.25"
  [5]=>
  string(9) "4054.8498"
  [6]=>
  string(9) "3732.0162"
  [7]=>
  string(9) "2781.4506"
  [8]=>
  string(9) "1942.4818"
  [9]=>
  string(7) "1693.88"
  [10]=>
  string(7) "4533.62"
  [11]=>
  string(7) "3188.48"
  [12]=>
  string(7) "2042.62"
  [13]=>
  string(7) "1046.22"
  [14]=>
  string(6) "896.76"
}
成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

 高く買い取るポイントは?

きれいなピンク色をした石が高く買い取れるラインとなります。ただしオーソドックスなカラーストーンよりは石へのお値段は低め。1ctあたり2,000円が相場です。ただしそれは値段がついての場合のみ。脇石が1ct以上、きれいなオーバルカボションでデザインとして完成されていれば思わぬ高額査定を打ち出せる事もございます。お気軽にお買取りのご依頼をお待ちしております。

鑑定士 杉

 インカローズ(ロードクロサイト)とは?

インカローズはその名のとおり、薔薇の花びらのような美しいピンクの石です。名前の由来は「薔薇色」を意味するギリシャ語からとなります。インカ帝国が存在していた、アンデス山脈から多く産出されたことから、インカのバラ「インカローズ」と呼ばれるようになりました。正式な鉱物名はロードクロサイトですが、現在はインカローズの方がポピュラーです。
ピンク系の半透明~不透明石で、赤や白の縞目が現れる宝石は「インカローズ」と呼ばれます。完全な劈開性があるため割れやすい宝石となります。

 インカローズ(ロードクロサイト)豆知識

    ここでは、インカローズ(ロードクロサイト)の基本的な説明をしていきます。

    ◆基本データ◆
    英名  Inca Rose/Rhodchrosite
    和名  菱マンガン鉱(りょうまんがんこう)
    硬度  3.5~4
    屈折率 1.596~1.598
    誕生石 7月

    和名を菱マンガン鉱という通り、マンガンを主成分とする鉱石のインカローズ。
    インカローズと呼ばれるようになった由来は、インカ帝国が栄えたアンデス山脈から産出されたことから。
    水晶状に結晶したものをロードクロサイトと呼び、透明度の高いものが多くあります。

    ■生産地■
    インカローズ(ロードクロサイト)は、主にアルゼンチン、アメリカ、ペルーなどから産出されます。
    産地により、以下のような特徴があります。

    ・アルゼンチン産
    鮮やかなラズベリーピンクの発色が強いものが多いです。
    アンデス山脈からは、良質のものが産出されることで人気があります。
    ※アルゼンチンの鉱山から産出される、縞目模様のあるものが、本来の「インカローズ」とされています。

    ・ペルー産
    やや茶色がかった落ち着いた赤色の発色

    ・アメリカ合衆国コロラド産
    最高質のインカローズの産地といわれる、アメリカのコロラド州。
    ジュエリーとして扱われることが多く、非常に美しい発色と透明感があります。
    ※すでに鉱山が閉鎖されているため、現在流通しているもので最後といわれています。
    インカローズは、アメリカでは華やかな宝石として人気があります。

    また、日本でも産出はされますが、淡い乳白色系のピンク色のものがほとんどです。

    ■カット■
    ドロップカットやボタンカットが比較的多くみられます。
    縞がバランスよく入ったものも重用され、カボションカットでペンダントトップやブローチなどにされます。
    また多くはありませんが、原石が薔薇のようにみえることから薔薇カットなども稀に見られます。

    ■インカローズ(ロードクロサイト)のお手入れ方法■

    インカローズは硬度が低く、また一定方向に割れやすい「へき開性」も持っています。
    水にさらすと褐色してしまうため、水や衝撃には注意が必要です。

    そのため、保管は直射日光の当たらないところ、湿気の少ないところにて。
    汗に触れると酸化して黒ずんでしまうため、汚れたときは柔らかい布などで、拭いてください。
    また、手を洗ったり水仕事をするときには、外すと長持ちしてくれます。

    長期保存する際には、緩衝材を入れるのもオススメです。

    ┏┿━━・・・
    ╂┘    パワーストーンとしてのインカローズ(ロードクロサイト)  ┌╂
                              ・・・━━┿

    インカローズ(ロードクロサイト)の基本的なお話はしてきましたが、
    パワーストーンとしては、どんな意味や効果があるのでしょうか。

    ■インカローズ(ロードクロサイト)の効果・意味■
    インカローズは「情熱をもたらす石」といわれています。
    パワーストーンとしての効果も多く存在し、具体的には以下のような事が言われています。

    ・新しい出会いへのサポート
    ・リフレッシュ効果
    ・魅力や個性を手に入れたい
    ・過去の傷を癒す
    ・マンネリからの脱却
    ・気力の減退に
    ・若々しい美しさを手に入れる

    インカローズの癒しの力は強力で、即効性があると言われています。
    失恋した方、傷ついている方には特にオススメで、お守りとして活躍してくれます。
    また、出会いへのサポート力もあるので、幸福な恋愛や結婚を望んでいる方にもオススメです。

    恋人夫婦間のマンネリ解消もするといわれているので、互いに身につけたり、家に置いておくのも良いですね。

    ■インカローズ(ロードクロサイト)と相性の良いストーン■
    インカローズは、相性の多い石が多くあります。

    恋愛面でいえば、アバタイト、ガーネット、カルセドニーとローズクォーツの組み合わせがオススメです。
    愛を長続きさせてくれたり、恋愛感情を高めたり、恋を成就させてくれます。
    恋愛のお守りには、ローズクォーツとの組み合わせが最適です。

    身体・精神的な面では、オブシディアン、クリソプレーズ、アベチュリンが良いとされます。
    傷を癒し、人間関係の修復などを行ったり、新たなステージへ踏み出す勇気を与えてくれたり、肉体疲労や冷え性を改善してくれるとされているものです。

    自身の魅力をアップさせるには、ピンクオパール、トルマリンなどが挙げられます。

    インカローズは、ほぼどんな宝石とも相性の良い、バランスの良い宝石です。

    ■誕生石としてのインカローズ(ロードクロサイト)■
    インカローズの誕生石は7月です。
    恋愛面に効果があるとされ、ご存じの方も多いのではないのでしょうか。
    ここで少し、インカローズの歴史をお話しします。

    インカ帝国では、薔薇模様の入ったインカローズを「薔薇模様の真珠」とし、神の心が宿った石として崇められていました。
    アクセサリーとして徐々に使われるようになったのは、アルゼンチンで原石が産出され始めてからです。

    インカローズは、輪切りにカットするとカーネーションの花にような形になります。
    また、原石は研磨するとの薔薇の花のようになります。
    別名「ロジンカ」と呼ばれ、赤い色と薔薇色の人生を象徴する石として、非常に高い人気があります。

    ■インカローズ(ロードクロサイト)の石言葉■
    インカローズの石言葉では「秘めた情熱」「新しい愛とロマンの到来」「優しさ」「愛情」などがあります。
    情熱的な赤い色から、そんなメッセージが生まれたのかもしれません。
    また、インカローズは身体的な効果もあるといわれています。

    内分泌の働きをサポートし、ホルモンバランスを整えてくれます。
    そのため、うつ病の改善や老化防止に良いとの話もあります。

    インカローズを身につけると、女性的な魅力が上がるといわれますが、それはホルモンに与える力が大きいためとされています。

宝石,色石ごとの買取特設ページ

 なぜ高価買取が可能なのか

なぜ高価買取が可能なのかテキスト

リファがお約束している10のポイント
お電話でのお問合せはこちら
EXPERT CONTENTS
専門ページのご案内