array(15) {
  [0]=>
  string(8) "4848.284"
  [1]=>
  string(8) "4819.136"
  [2]=>
  string(8) "4763.269"
  [3]=>
  string(9) "4359.5692"
  [4]=>
  string(7) "4250.75"
  [5]=>
  string(9) "3953.9262"
  [6]=>
  string(9) "3639.1278"
  [7]=>
  string(9) "2712.2214"
  [8]=>
  string(9) "1894.1342"
  [9]=>
  string(7) "1651.72"
  [10]=>
  string(7) "4420.78"
  [11]=>
  string(7) "3109.12"
  [12]=>
  string(7) "1991.78"
  [13]=>
  string(7) "1020.18"
  [14]=>
  string(6) "631.54"
}
成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

アメシスト(アメジスト)シトリンの買取実績

シトリンのダイヤリング(Pt900)
買取価格
52,000円
人気のローズカットにされたシトリンが目を引くリングです。脇石も1ctupたっぷりあしらわれています。中...
大粒アメシストのワイドリング(K18YG)
買取価格
24,000円
透明感とパープルの色ノリが美しいアメシストのリングです。 サイドはレースデザインになっており、指...
アメシストの2WAYイヤリング(K18WG)
買取価格
6,920円
個性的なファンシーミックスカットのアメシストがインパクトあるイヤリングです。 近頃はイヤリング・...
アメシストのダイヤ付きブローチ(K18YG)
買取価格
34,400円
アメシストが差し色になったブローチです。 ライン上に並んだダイヤがデザイン性のある逸品です。  ...

 高く買い取るポイントは?

アメジストの高値のポイントはやはり色。
ライラックカラー(濃い紫色)の様な深い紫色であれば高い評価をする事が出来ますが、それでも価値的にはやはり「クォーツ」と言う事で低めの設定です。
産地特定された大粒(10ct以上)でシベリア産・ブラジル産の取り巻きのメレダイヤがかなりの大きさであればかなりのお値段を付けた前例もございます。
お気軽にリファウンデーションにお持ち込み下さいませ。

鑑定士 杉

 アメジスト(アメシスト)とは?

アメシストは比較的地球上でありふれた鉱物の「クォーツ」の俗名となります。色の原因として微量の鉄分と自然界の放射線によって紫色になります。
インクリュージョンが比較的多くみられる宝石ですが合成クオーツも多く逆にインクリュージョンが入っている方が高値にて取引される珍しい石となります。
しかも羽根状のシルクインクリュージョンは他のクォーツには見られる事が無く非常に珍しい石でも有名です。
名前の由来としては「酒に酔わない」と言うギリシャ語から。
古代ギリシャでは魔よけや眠気醒まし、知性を磨く石等と言われ、戦士が洗浄で怪我から身を護ると信じられた石でもあります。
キリスト教では禁酒・禁欲の象徴し「司教の石」として聖職者が好んで身に着けロシア皇帝の女帝エスカテリーナ二世もアメジストを大変愛していたそうです。

 アメジスト(アメシスト)豆知識

    ここでは、アメジスト(アメシスト)の基本的な説明をしていきます。

    ◆基本データ◆

    和名「紫水晶」の通り、紫色のクォーツ(石英)をアメジスト(アメシスト)と呼びます。
    アメジストの紫色は、含有されている鉄イオンによるものだといわれています。
    深い紫色が見られるアメジストほど、良質のものとされています。

    アメジストは加熱処理をすると変色し、黄色・褐色・緑色、さらに加熱を続けると無色になります。
    これを利用して、変色させた「シトリン」も作られます。

    ■生産地■
    主な産地はブラジルとウルグアイ産。

    ・ブラジル産
    全体的に黒っぽい色合いをしているのが特徴。稀に淡い紫の色も採掘されます。
    また、ブラジル産のアメジストには、黒い斑点のようなものが入りこんでいる場合があります。

    ・ウルグアイ産
    濃い紫色が特徴で、研磨してもたいへん美しい見た目になるのが特徴。
    ただし、粒自体は細かいので、大きなものを得るには少々難しいです。しかし、とても価値のあるものです。
    ウルグアイ産の一番の特徴は、「色溜まり」と言われています。
    これは、石の中に濃い紫色の塊が入っているという状態で、「カラーバンド」とも呼ばれています。

    また、マダカスカル(赤やすみれ色に近い)や、スリランカやアフリカの赤道付近など、世界中で産出されます。

    日本からも「加賀紫」と賞賛されたほど、美しく良質なアメジストが産出されています。

    ■カラー■
    濃淡、紫、褐色、灰色がかったものと、様々な色合いがあります。
    和名で「紫水晶」というとおり、色の濃さが各部で違うといったような色ムラが多いのが特徴の石です。
    水晶の色変種の中では、最高位と評価されています。

    アメジストは色味や見た目が重要になる宝石です。紫色が深く、一様に見えるほど高品質とされています。

    宝石品質のアメジストでは、ひびを目立たなくするために合成樹脂の注入が行われることがあります。

    ■カット■
    カットの種類はブリリアントカット、ボタンカット、カボションカットやハートカットなど様々です。
    ブレスレットや指輪などにされている人気の宝石です。

    ■アメジスト(アメシスト)のお手入れ方法■
    アメシストは宝石の中では傷つきやすい部類で、衝撃などにより割れやすいです。また太陽光で退色してしまいます。

    ★汚れが気になる場合は、以下の方法でお手入れを行って下さい★
    ・毛の柔らかい歯ブラシに中性洗剤を付け、優しくブラッシング洗い。ぬるま湯で洗剤と汚れを洗い流す。
    ・柔らかいタオルの上に石を置いて、ドライヤーの冷風などで大まかな水気を吹き飛ばす。
     ★風量が強すぎると、宝石が飛んでしまいますので注意!★
    ・水気を残さないよう、柔らかい布で完全に水気を拭き取る。
    他の石を傷付けないよう、布などでくるんで保管して下さい。

    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    □パワーストーンとしてのアメジスト(アメシスト)□ 
    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    アメジスト(アメシスト)の基本的なお話はしてきましたが、
    パワーストーンとしては、どんな意味や効果があるのでしょうか。

    ■アメジスト(アメシスト)の効果・意味■
    「愛の守護石」といわれる、アメジスト。
    中国では、皇帝だけが身につけることを許された色です。
    その高貴な輝きを身につけると、どのような効果があるのでしょうか。

    ・クリエイティブな能力や集中力、理解力を高めたい
    ・パートナーとの愛を深めたい
    ・不眠の改善
    ・商売運のアップ
    ・魔除けのお守り
    ・精神を安定させたい
    ・集中力、理解力、直感力を高めたい

    スピリチュアルなパワーがあるといわれているアメジストは、身を守る守護石といわれています。
    決断・判断力が高まる効果もあることから、・・・という方にはオススメです。
    また精神安定、不眠の改善、恋愛面の改善、クリエイティブな力が増したりと・・・まさにオールマイティな宝石です。
    皮膚病や不眠症の治療にも使われていたとの話もあります。

    ■アメジスト(アメシスト)と相性の良いストーン■
    アメジストは、真実の愛を守りぬくといわれています。
    恋愛面で大きくサポートしてくれる宝石ですので、それを生かした組み合わせが良いでしょう。

    出会いや良縁を繋げるには、カルセドニーとの組み合わせがオススメです。
    カルセドニーは人間関係において、特に安定化を図ってくれます。
    これは恋愛面においても効果がありますので、男女ともにぜひ身につけていただきたい組み合わせです。

    肉体面から落ち込みを癒したい方は、ガーネットと組みわせると良いですよ。

    また、クンツァイト、インカローズをプラスすると、子育てなどの疲れに効果があるといわれています。
    どれも愛に関係するメッセージも含まれていますので、日常的に身につけてみてください。

    ■誕生石としてのアメジスト(アメシスト)■
    アメジストは2月の誕生石です。
    また2月生まれの人は、物事を理論的に考えることが得意といわれています。
    クリエイティブで行動的な人が多く、あのApple社の創業者スティーブ・ジョブズも2月生まれです(1955/2/24)

    ギリシャ神話に登場する、石に変わってしまった少女の話は有名だと思いますが、アメジストの名前はそこから名づけられています。

    日本でも紫はもっとも高貴な色とされていたことから、古くから愛されています。
    聖徳太子が定めた「冠位十二階」で最高位の色、というのはポピュラーですよね。

    旧約聖書の「出エジプト記」に、12種類の宝石の1つとして登場するなど、歴史的にも古いです。
    キリスト教では、男性の宗教的献身のシンボルだとか。

    アメジストで作った盃で酒を飲んでも悪酔いしないという伝承から、二日酔いやストレスからくる、熱や頭痛などの症状の改善にも効果があるとか。
    さらには、先にも述べたように、不眠症への効果も期待できます。

    ■アメジスト(アメシスト)の石言葉■
    アメジストの石言葉は「誠実」「心の平和」「高貴」です。「瞑想の石」であるともいわれます。
    その高貴な色から、魔除けのパワーが強い石だといわれてきました。

    日本では、結婚17周年はアメジスト婚といわれています。
    今後も変わらぬ深い愛情を願い、夫婦共に贈りあうのはいかがでしょうか。
    また、お酒の悪酔いを防ぐとの意味合いから、20歳の記念石ともいわれています。

    お子様から、そして夫婦へと・・・一生持ち続けたい宝石です。

宝石,色石ごとの買取特設ページ

 なぜ高価買取が可能なのか

なぜ高価買取が可能なのかテキスト

リファがお約束している10のポイント
EXPERT CONTENTS
専門ページのご案内