成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

ダイヤモンドの
4Cとグレード

地球上の宝石で、唯一品質評価基準のあるダイヤモンド。
その国際基準の「Carat」「Color」「Clarity」「Cut」の
頭文字を取った「4C」について詳しくご説明。

  1. TOP
  2. ダイヤモンド買取、相場
  3. ダイヤモンドの4Cとグレード
4Cとは?
4C評価イメージ画像

4C(ヨンシー,Four Cs)とは、
カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の
頭文字を取ったもので、ダイヤモンドの品質を表す国際基準です。

カラットは、重量を表す単位です。1カラット=0.2g。基本的には、カラットが増すほど、価値も高くなりますが、ダイヤモンドの価値はカラットだけで決まるわけではございません。下記にも記載のある「カラー・クラリティ・カット」もダイヤモンドの価値を決める上で、大変重要な要素です。
ピンクやブルーなどのファンシーカラーを例外に、無色・透明に近いほど貴重価値が高くなります。最高ランクはDiamondの頭文字から取られたDカラー。グレードが下がるに連れ、黄色くなっていきます。
クラリティは、明澄度(メイチョウド)を表す基準。透明度とも言いましょうか。傷や欠け、内包物(インクルージョン)の大きさや、位置、度合などを、一定の基準に基づいて評価。FLを最上級とし、FL>IF>VVS>VS>SI>Iの順にランク分けされます。明澄度が高い程、高評価になります。
4Cにおいて唯一、人間の技術が関わる、ダイヤモンドのプロポーション(形と仕上げ)を評価。

ダイヤモンドの具体的な評価基準は20世紀半ばまで存在していませんでした。しかも宝石への品質評価があるのが、地球上にある様々な宝石の中でダイヤモンドのみとなり、それだけユニークな宝石がダイヤモンドというのが伺い知れます。

4Cの歴史

聞きなれない「4C」という言葉はいつ生まれたのか

今からおよそ80年ほど前の1939年、当時世界最大のダイヤモンド原石供給会社であったデビアス社(De Beers)が考案し、後のGIA 2代目代表となるリチャード・T・リディコート(Richard T. Liddicoat)が1953年に発表した『GIAダイヤモンドグレーディングシステム』が4Cの元となり現在に至ります。

今ではこの評価システムを普遍のものとし、全世界のダイヤモンド評価基準として採用されていますが、初期のGIA基準にカット評価はなく、元々は3Cでした。

カットは唯一、人の手が加えられたものという事と、ファセットパターンやカットスタイルは無限の組み合わせがある事から「どのバランスが良い一概に言えなかった」のが理由です。

その後カット評価が加わり、3Cから4Cへと新たな基準を導入したのは「日本が始まり」という事は、実はあまり知られていません。他国がカラット(重量)を重要視するのに対し、日本はカッティングスタイルとクラフトマンシップに重きを置く傾向にありました。

カット評価の確立

4つ目の「C」の誕生

1919 「アイディアルラウンドブリリアントカット」の誕生
エクセルコ・ダイヤモンドの創業家であるトルコウスキー家の4代目であり、数学博士でもあったマーセル・トルコウスキーが「アイディアルラウンドブリリアントカット」と呼ばれるダイヤモンドを最も美しく魅せるカット技術を開発。そうです。皆さんがダイヤモンドを思い浮かべたときに出てくるあの58面体の美しいカットです。100年近く経った今でも、これ以上の輝きを引き出せるカットは存在しないと言われています。



1994 日本の鑑別団体が「カット評価」を導入
1977年に発足した日本の鑑別団体であるAGL(宝石鑑別団体協議会)が1994年にマーセル・トルコウスキーの理論(アイディアルプロポーション)に基づいたカット評価を発表。ただ今とは違い、人の手によって測定されており鑑別機関や鑑定員によって結果にばらつきが出てしまうのが大きな問題でした。


カットが良い ⇒ 輝きが良い ⇒ 美しい
Excellent Very Good Good Fair Poor

2006 GIAも「カット評価」を新たに導入
それを受け、鑑定鑑別機関の本家であるGIA(米国宝石学会)も2005年の秋にカット評価を新たに設ける事を発表。翌 2006年1月1日に以下7つの品質要因を元に作成した、3850万以上のパターンを格納した「GIAファセットウェア」と呼ばれるソフトを使用して測定するカット評価を導入しました。


カットの品質要因
フェイスアップの外観
① ブライトネス ② シンチレーション ③ ファイア
デザイン
④ 重量比率 ⑤ 耐久性
クラフトマンシップ
⑥ ポリッシュ ⑦ シンメトリー

2006 GIAの評価に日本も統一
日本では2006年2月にAGTジェムラボラトリー(GIAジャパンラボ)へ導入されました。日本のAGLでもこのGIA基準に則って評価する事を決め、2006年4月1日よりAGL基準からGIA基準に全面的に変更となりました。



ただの偶然…?
基準そのものが変更になっても5段階評価である事と
Excellent~Poorの呼び方が全て同じだった事は
AGLを意識したと言っても良いでしょう。


2017年4月現在、日本にある15の加盟団体もこの基準に則ってダイヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)を作成していますが、物量や信憑性からいって、中央宝石研究所の右に出るものは、この日本では「いない」と言っても過言ではりません。

GIA基準になった事によって何が変わったか

「古いダイヤモンドは価値が落ちる」という誤謬が
ある様なのでココで明確にお答えします。
古いダイヤモンドだからといって価値は落ちません。

昔と今とではダイヤモンドの需給関係や、お金の価値、物価なども違いますので厳密に言うと価値は上下していると言えます。

では何が違うのかというと、当時の鑑定基準と今の鑑定基準が、2006年4月を境に明確に変わっており、またその後年々厳格になっています。この事から、殆どのダイヤモンドの基準が当時とは違う為にグレードダウンが見て取れるのです。これが『古いダイヤモンドは価値が落ちる』という理由になります。

46億年前に地球が誕生し、20億年前から地表150kmの高温高圧の中でゆっくりと時間をかけて結晶したダイヤモンドが、たかだか数10年で劣化する何て事は起こりえません。

4Cで何を決めるのか?

明確な品質評価によりダイヤモンドの善し悪し、すなわち「価格」を決めています。
2017/03/31 0.30-0.39ct ドル建て
IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 SI3 I1 I2 I3
D 4700 4000 3500 3300 3100 2700 2300 2000 1800 1200 800
E 3900 3500 3200 3100 2900 2500 2200 1900 1700 1100 700
F 3400 3300 3100 3000 2800 2400 2100 1800 1600 1100 700
G 3200 3100 3000 2900 2700 2300 2000 1700 1500 1000 600
H 2900 2800 2700 2600 2400 2200 1900 1600 1400 900 600
I 2400 2300 2200 2100 2000 1900 1700 1500 1300 800 600
J 2200 2100 2000 1900 1800 1700 1600 1400 1200 800 500
K 2000 1900 1800 1700 1600 1500 1400 1200 1000 700 500
L 1800 1700 1600 1500 1400 1300 1200 1000 800 600 400
M 1700 1600 1500 1400 1300 1200 1100 900 700 500 400

ココに、リファウンデーションで一番の取引量を誇る0.3ct台のドル建ての表を公表します。この数字に為替と、カット評価ごとのディスカウント率を掛け合わせて計算をし、最後に消費税を計上してお客さまにお支払いいたします。

最高クラスの4,700ドルから最低の400ドルまでの高低差があり、ココにカット評価が加わると、事実上6,000円から330,000円程の開きがあるんです。これが婚約指輪などで値段が変わる要因です。

この表ですと1グレード変わるだけで数万円変わる計算になりますが、小売の世界ではココに利益が計上されますのでとんでもない金額となるのです。世にいう『Dカラーが良い』『Excellentが良い』というのは、当たり前に値段が釣り上がる=小売店の利益になるという事。

市場では1グレード違うだけで値段が大きく変わるもの、その2つを素人の方が見比べても何も判らないものです。

4Cの"本当"の意味

GIAが確立した4C
GIAイメージ画像

この普遍的な評価基準で、世界どこに行っても同じ基準で示される事になり、それにより個人のお客さまも正確な知識を持って製品を買う事が一番の功績といって良いでしょう。またリファウンデーションを始めとする古物業種も、新物を扱う宝飾関連業種も、この基準があるからこそ正確にダイヤモンドを扱う商売ができるのです。

世界ではGIAですが、日本国内ではまだまだ中央宝石研究所のバリューが上といって良いでしょう。それでも双方公平で客観的な品質評価を行う機関といっても過言ではありません。皆さまもダイヤモンドジュエリーを購入される際には、この二つの鑑別機関をお薦め致します。

バックナンバー

4C(ヨンシー,Four Cs)とは、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の頭文字を取ったもので、ダイヤモンドの品質を表す国際基準です。
カラットは、重量を表す単位です。1カラット=0.2g。基本的には、カラットが増すほど、価値も高くなりますが、ダイヤモンドの価値はカラットだけで決まるわけではございません。下記にも記載のある「カラー・クラリティ・カット」もダイヤモンドの価値を決める上で、大変重要な要素です。
ピンクやブルーなどのファンシーカラーを例外に、無色・透明に近いほど貴重価値が高くなります。最高ランクはDiamondの頭文字から取られたDカラー。グレードが下がるに連れ、黄色くなっていきます。
クラリティは、明澄度(メイチョウド)を表す基準。透明度とも言いましょうか。傷や欠け、内包物(インクルージョン)の大きさや、位置、度合などを、一定の基準に基づいて評価。FLを最上級とし、FL>IF>VVS>VS>SI>Iの順にランク分けされます。明澄度が高い程、高評価になります。
4Cにおいて唯一、人間の技術が関わる、ダイヤモンドのプロポーション(形と仕上げ)を評価。

ソーティングとは「一定の基準に従って並べ替える」という意味でダイヤソーティングの場合だと「通常のグレーディングレポートの内容を一部要約したメモ」といった意味合いになります。
代表的な鑑別機関情報
中央宝石研究所
中央宝石研究所
Central
Gem Laboratory

中央宝石研究所 東京支店
東京都台東区上野5丁目15番14号ミヤギビル(MAP)
TEL 03-3836-1627(代)
http://www.cgl.co.jp/

GIA東京
GIA(米国宝石学会)
Gemological Institute
of America

GIA(米国宝石学会)
東京都台東区台東4-19-9山口ビル7 11F(MAP)
TEL 03-5812-3215
https://www.gia.edu/JP

HRD
べルギーダイヤモンド高等評議会
Hoge Raad
voor Diamant

HRD
べルギーダイヤモンド高等評議会
英語版のページにアクセスします。 http://www.hrdantwerp.com/en/home


おすすめの関連コンテンツ

一粒から買取可能!「ダイヤモンド買取」専門ページはこちら

ダイヤの売却をご検討中の方はこちら。小さなメレダイヤも大きなダイヤもお任せください。

「4C評価」を入力するだけ!ダイヤの参考買取価格を事前にチェック

4C評価を入力してダイヤモンドの買取価格の相場をサイト上でシミュレーション。

“宝石のプロ”が丁寧に査定。どんな小さな価値も見逃さずに評価

エメラルドやルビー、サファイアからパールやパライバなど豊富な宝石を高価買取。

こんなに公開できるのは自信があるから!豊富な「買取実績」はこちら

金・ダイヤ・宝石・ジュエリーの買取実績を多数掲載。査定前のご参考に!