成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

5th Anniversary おかげさまで貴金属・宝石買取のリファウンデーションはサイト設立5周年を迎えることができました。全国対応!宅配買取受付中。高額買取。査定は全て本店の経験豊富な専門家が実施するため、どこよりも高く買取致します。往復の送料無料。見積もり査定無料。見積もり後のキャンセル無料。到着日当日に査定。

宝石,色石ごとの買取特設ページ

過去のお客様の声の実例を3つご覧ください

納得をし買取して頂くことができました!
この度は査定をしていただきありがとうございました。出張が多く忙しい日々だったので、自分のタイミングで送ることができる宅配買取はとても助かりました。大切に使ってきたものだと、ご理解いただき、配慮ある言葉には驚きとともに嬉しさを感じ、心から納得をし買取して頂くことができました。メール対応も丁寧で「段ボールが到着しました」「査定が終了しました」「振込が完了しました」と、その都度ご連絡いただけるので、お顔の見えない取引でも安心!お金だけのやり取りが多い中、素晴らしい買取をされているお店です!
わたくし代表兼バイヤーの杉と申します。この度はリファウンデーションの宅配買取のご利用ありがとうございます。また買取価格だけではなくサービスまで満足頂き専門店として非常に嬉しく思っております。宅配買取は2パターン。東京の買取価格の水準で遠方のお客様でもお買取サービスを利用できます。しかも配送補償も佐川急便であれば最高5,000万円迄お付けする事も可能です。貴金属の買取り価格はこの20年で約3.6倍、直近5年ではグラム単価で1,400円もあがっております。今回祖母さまの遺品と言う事でお売りいただきました。今後も想い出のある金やプラチナ製品、ダイヤモンドジュエリーなどをお客さまの気持ちになって一生懸命鑑別査定をさせて頂きますのでまたのご縁をお待ちしております。改めて数ある買取業者の中、弊社をお選び頂きありがとうございました。(杉)

同業他社よりも高い買取額と親しみやすい対応で大満足です!
リファウンデーションさんの他に何社か買取をお願いしたことがありますが、今回はネットの口コミを見てリファウンデーションさんにお願いしてみることにしました。評判通り、他社よりも高い買取額でした!それだけでも満足だったのですが、電話でお店の場所を聞いた時に、とても親しみやすい対応をしてくださったオペレーターの方をはじめ査定担当の方もいろいろとご配慮してくださり、気持ちの良いお取引をすることができ、何だかとっても得をした気分です!まだ自宅に使わなくなった指輪などがあるのでまたお願いしようと思っています。
査定を担当させて頂いた主代と申します。先日は店頭にご来店頂き、思い出が詰まった真珠ネックレスやプラチナのダイヤモンドジュエリー製品のお買取りをさせて頂きありがとうございました。ご満足のお言葉を頂き大変うれしく思います。査定価格もそうですがご納得して頂き気持ち良いお取引が出来る買取り店を目指し、これからも日々努めさせて頂きます。お電話の方ですが道案内だけではく、ゴールドやプラチナ、ダイヤモンドや宝石、ブランド品のお見積もりを親切丁寧に親しみを込めて行っておりますので遠慮なくご利用くださいませ。価格相場は毎日10時にホームページで更新しておりますのでご参考にして頂ければと思います。またのご来店心よりお待ちしております。(主代)

目の前で1点、1点丁寧に査定してもらい安心しました!
亡くなった祖母の遺品を整理しようと思い初めて利用させていただきました。18金や24金の貴金属ジュエリーや、ルビーやサファイヤの付いた古いジュエリーをお買取していただきました。自宅が東京ということもあり、店頭買取を利用しました。目の前で査定している姿を見ることができ、初めての私でも安心して売ることができました。持ち込んだ商品を1つ1つ丁寧に査定し、分かりやすくご説明までしていただき、ありがとうございます。また機会がありましたら利用させていただきます。
先日はお見積り後、再度ご来店いただいてのご売却、誠にありがとうございました。数ある買取り店の中から当店をお選びいただき、とても嬉しく思います。また、亡くなったおばあさまとの想い出話を聞かせていただき、気持ちがホッコリする貴重なお時間をありがとうございました。どんなに古いデザインのジュエリーでも貴金属自体に価値がございますので、ルビーやサファイア、エメラルドなどの宝石はもちろん、ダイヤモンドでも鑑定書が無い状態でお買取は可能です。査定をさせていただき、先日同様ご納得いただいたうえで売却をしていただきたいと思っておりますので、またご縁をいただける際はお見積りだけでも構いません、一点からでもお持ちください。質屋や宝石店、全国展開の様なフランチャイズ店に負けない買取価格をご提示させて頂きます。勿論お顔が見えない宅配買取でも安心なお取引ができるよう努めておりますので是非ご利用ください。またのご用命を心よりお待ち申し上げます。(長谷川)

リファンデーションが選ばれる理由

専門の鑑別査定人が即日鑑定&詳細なご説明で成約率97%!
リファウンデーションには専門の鑑別査定人が常駐。専門性の高いプロの目で間違いのない鑑定と鑑別査定を行うと共に、適正な買取価格をご提示させて頂いております。貴金属に関しては製品の新旧は問いませんし、切れたネックレスや壊れた指輪、キャッチが無くなったピアスや片方だけのイヤリング、工業用地金や歯科材まで様々な買取り品目を、その場で買取をさせていただくことが出来ます。貴金属だけでなくカラーストーンやダイヤモンドなどの宝石の鑑別・鑑定も可能です。お客さま目線に立った査定買取を目指しておりますため、鑑定内容やご提示した買取価格についても詳細なご説明を行います。なぜこのような鑑定結果に至ったか、また日々更新している貴金属の相場状況などをお伝えし当日の1番のレートをご提示。しっかりとご納得いただけるよう分かりやすい説明に努めております。プロによる確かな鑑定・鑑別査定と、分かりやすいご説明で成約率は97%を達成。多くのお客様に大変ご好評をいただいております。

貴金属買取ページはコチラ宝石買取ページはコチラ(各種買取実績付き)
キャンセル無料&補償付きの安心・迅速な宅配買取
近くに信頼出来る買取店舗がない場合はリファウンデーションにお任せください。最短翌日振込が可能なスピード宅配買取は梱包材がある方がお薦めです。ベーシック宅配買取のお申し込みをいただきますと、買取申込書や梱包資材などがまとめて入った「無料宅配キット」が自宅に送られてきますので、手軽に宅配での買取を依頼することが可能です。しかも5,000万迄の配送補償付きで安心です。宅配買取は数多くの貴金属をまとめて買取出来るため、重い荷物を持って移動する労力を払う必要がありません。また常に業界屈指の高価格査定を行っている自負がございますし、再販部門の強化によって流通が多くなったダイヤモンドや宝石の価格も大きな自信を持っております。遠方の方のみならず、クローゼットを整理していた使わない金・プラチナ製品等の貴金属が数多く出てきた方や、新作の購入資金のためにちょっと多めに売りたいと考えている方にもご満足いただけます。

早速お申込み!はコチラのフォームへ宅配買取の説明ページはコチラ
ご予約不要。年中無休の店頭買取をオススメします。
即日鑑定&買取はリファウンデーションの特徴のひとつ。そんな当社の充実したサービスを一番体感出来るのが、ご予約不要の店頭の来店買取りです。何と言っても目の前で鑑別査定が受けられると言う事、その場で現金でお支払が出来ると言う事。しかもご予約が不要で土日祝祭日含む年中無休で営業している所も魅力の一つ。お買い物ついでお寄りいただければ1品辺り1.2分で鑑別査定の終了です。しかも査定料・お見積もりは無料。お見積書もお渡しできますので、譲り受けた遺品やインゴットや金塊・工業用地金、壊れたり汚れたりした金・プラチナ製品や指輪、メッキか金属か判らないものや刻印の無いもの、ダイヤか宝石か判らないもの、他店で断られたものでもお気軽にお持ちください。金額だけを知りたいと言う方でも歓迎いたします。買い取り専門店ならではの高価査定価格や上質なサービスは、宝石店や質屋、訪問買取や出張買取業者では受ける事は出来ません。たくさんのご来店心よりお待ち申し上げております。

店頭買取の説明ページはコチラ 店舗アクセスはコチラ
金・プラチナ製品やブランドジュエリーはお任せください。
ティファニー、カルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフアンドアーペル、ブシュロンなどの有名ブランドの貴金属だけど箱がない場合、またノンブランド品、刻印がなかったり切れたりしているネックレス、一点しかないピアスといった、訳ありの商品でも、リファウンデーションならしっかり高価買取!加えて、例えば、ルビーとエメラルドと使われている宝石は違う2種類のリングなどがあればペアでの販売を考えて査定を上乗せしたり、流行りのデザインであれば高めの価格をご提示するなど、お売りいただけるアイテムの状況や、その時のトレンドに応じて、なるべく高く買い取れるよう臨機応変に対応させていただいております。「これは高く売れるかな?」とお悩みなら、ぜひ一度リファウンデーションまでご相談ください。選べる宅配買取により最短1日でお振込可能!もちろんキャンセル・送料・振込手数料なども無料ですのでシンプルに「重量」×「単価」のみで御座います。日本中のお客さまにリファウンデーションをご利用頂けます様、より透明性の高いお買取りサービスの「無料宅配買取」を是非ご利用下さい。

お買取対象品目はコチラをご覧ください。
宅配買取のやり方がわからないのですが。(宅配買取の説明ページへ)
ダイヤモンドやカラーストーンの買取もお任せください。
専門の鑑別査定人・鑑定士を常駐させて即日買取に対応するなど、ダイヤモンドやカラーストーンの買取にも力を入れているリファウンデーションでは、宝石そのものだけでなく地金まで含めた「トータルジュエリー」として値付けを実施。脇に付いたどんな小さなダイヤモンドなどもお買取りが可能ですし、しかも企業努力に加え、装飾品としての価値をプラス要素として見出すことによって、どこよりも高い買取価格を実現しております。スタンダートな宝石で言うとエメラルドやサファイア、ルビーの付いた指輪やネックレス、それ以外のカラーストーンも古いデザインでも是非お持ちください。お母様やお祖母様など、ご家族から譲られたジュエリーなど想い出の品々も、その想い出が色褪せてしまわないよう、大切に査定させていただきますのでご安心ください。沢山の業者がいる中、当店が金・プラチナや宝石の買取実績No.1であり続けるのは、丁寧な査定と迅速な対応、そして高い買取価格である事は言うまでもありません。
私のエメラルドリングは幾ら?(お買取実績へ)
買取前にお客さま目線のよくある質問をご覧ください。
金の豆知識
古代から愛されつける金の簡単な歴史や、なぜ価格が変動するかなどの豆知識としてまとめております。
金とは
貴金属三要素と呼ばれている中の一つ、金。化学的にも安定しており、加工もしやすく希少性が高く永遠にその美しい黄金色を保ち続けます。 現代の女性にとってゴールドジュエリーは毎日のお洒落には欠かせない物であり、フォーマルからカジュアルまで幅広く楽しめる存在となりました。日本では18金のゴールドジュエリーが多く、金に銀や銅などを加えた金合金を使用します。金ばかりではなく、プラチナや銀の場合も他の金属を加えることにより、性質が変わり硬さや弾性が出てきます。世界で初めて貴金属として扱われたのが金ですが、紀元前の頃から既に装飾品に使われてきました。皆様ご存じの、「ツタンカーメン王の黄金のマスク」も有名な話ですね。

今では誰しもが購入できるような価格にはなりましたが、その頃では「金=すなわち神が王に遣わしたもの」だとして一般市民には金の欠片すら持つ事を禁じられていました。そんな金でもやはり無限にあると言う訳も無く現在では世界中の金山の3/4は既に採掘されているとの事です。全ての金が採掘されれば今でこそ誰しもが購入出来る金も、近い将来には昔のように途方も無い価格になっているかもしれません。
変動する金相場
2007/11/9金相場が3216円の高値を付け、2010/5/13には3855円まで金価格は高騰しました。金が持つ世界共通の信頼の高さ故、投資へのリスクヘッジに金が買われているという事もあるでしょう。
現在の金価格は10年程前に比べると2倍以上の価格で取引されていますので、当時購入していれば膨大な利益を得る事が出来たのではないでしょうか?「金とは」でも説明したように、金の採掘が追いつかなくなれば金の価格はさらに高騰するでしょう。ただ金相場自体は不安定な為に為替や世界経済、株価によっていつ大きく値崩れするかは分かりません。
金の品位(純度)について
皆さんがお持ちのジュエリーや宝石に付いている地金の金には、必ずと言っていいほど金の種類を表す刻印があります。【インゴット】【金塊】でお馴染みのK24=100%含有(99.99%)からK8=33.3%含有までありますが、金性(キンショウ)が下がるにつれて買い取り価格と金としての価値は下がっていきます。ここでは広く世に流通している金の品位を、良く製造されている地域や名称と共にご紹介していきます。
K24(24金)99.99%含有
K24は24karatの略となり、1000分率で言う99.99%となります。世界中どこでも使われ指輪やネックレスと言うより、一番多いのが金資産で言う所のインゴットが多いでしょう。グッドデリバリーバー=【ロンドン金市場受渡適合品】のロンドン市場公認ブランドと言う事であれば間違いなく品質は保証され、買取店では一番高い値段で買取る事が出来ます。ただ純金は非常に柔らかく傷も付きやすい為、宝飾品等には不向きとなり、合金を混ぜて金に固さを持たせるのが一般的となります。

K22(22金)91.6%含有
K22は22karatの略となり、1000分率で言う91.6%となります。主にアジア特に東南アジアで見かける事が多い金性となります。(財産的な観点の比重が多い為)K22、や22K、916と刻印される事が多いです。独特な黄金色は純金と見間違えるほどでアジア金などとも呼ばれます。タイではこの少し上の23金(95.8%)が取引される金では多く見られます。単純な無垢な指輪やネックレスに好んで使われる様です。
K18(18金)75%含有
K18は18karatの略となり、1000分率で言う75%となります。造幣局では750/1000と言う表記となります。18金は世界中で一番スタンダートな金性でしょう。理由として指輪やネックレスに必要な適度な固さを持ち、コスト的にも純金より安い事が挙げられます。ヨーロッパなどはプラチナ等を使わず750のホワイトゴールドを使います。そのせいか使用していると段々と黄色くなっていくのが特徴です。


K14(14金)58.5%含有
K14は14karatの略となり、1000分率で言う58.5%となります。 造幣局では585/1000と言う表記となります。 14金はアメリカで多く使われる品位となります。 ハワイアンジュエリーのバングルや指輪、ネックレスなどは彫刻が施されるデザインが多い為、18金より少し硬めの14金がコストの面も含め好んで用いられます。 少し18金より薄い黄色の金属色も特徴です。
K10(10金)41.7%含有
K10は10karatの略となり、1000分率で言う41.6%となります。 造幣局では416/1000と言う表記となります。10金はジュエリーブランドで多く用いられます。 理由として金が少ない為生産コストを安く抑えられると言ったのが挙げられます。 国内アパレルブランドもコストが安いと言った理由から用いられる事が多いです。 割金が銅や銀を用いてピンクゴールドにして販売しているのも多く見受けられます。


貴金属の変色
一度は体験されている方もいらっしゃると思いますが、大事な貴金属が変色してしまった事はありませんか? そうなんです!!変色してしまうのです。 本来安定している貴金属も宝飾用の場合(ジュエリー)は他の金属を加えて使用している為、取り扱い方によって変色を起こす事があるんです。
白色に変色
水銀に触れると金は白変します。 壊れた水銀体温計や水銀電池を扱う時には注意が必要ですね。 いったん白変すると元には戻りませんので、ご注意くださいね。
黒色に変色
温泉や火山帯に行くと金製品が黒変する事があります。 これは合金にする際に含まれる銀や銅が錆びるために起こります。 磨き粉で磨けば元には戻りますが、注意が必要です
例外
環境によっては、水銀に触れても黒色に変色することがあります。 この場合は白色と同様に元には戻りません。
赤紫色に変色
リングの接合部や、爪の取り付け部分が赤紫色に変色することがあります。 これは、接合部に使用した<ろう>が焼ける(酸化される)為に起こります。気になるようなら磨いて元に戻します。 ※<ろう>とは低い温度で溶ける金属あるいは合金の事を言います。
黒ずんで輝きがない
汚れが原因です。 洗浄すれば、輝きは戻ります。
くすんだり、黒ずんだりしても貴金属は重量で買取をする為に影響は有りませんが、宝飾品としての査定依頼の場合には出来るだけ綺麗な方が査定額はあがります。コチラで洗浄方法を詳しく説明しておりますので宜しければご覧ください。 また、変色では無いですが、ポピュラーなホワイト・ピンク・イエローの特設ページをリファウンデーションでは設けており、それぞれで更に詳しくご説明しておりますので宜しければご覧ください。

金属アレルギーの豆知識
ここ数年アレルギー問題が激増しておりますが、その中でもアクセサリーによる金属アレルギーは食物に次いで多く発生しています。

アクセサリー内部の金属成分が何らかの理由によって溶けだし、それが汗などでふやけた皮膚の角質層から体内に入り、金属アレルギーを起こすことがあります。 極端に金性が悪いアクセサリー、使用によって金メッキが摩耗したり、傷がついたアクセサリーは汗などによって成分が溶け出しやすくなっております。
アレルギーを起こしやすい金属一覧表
金属の種類
含まれる物・加工品
水銀
アマルガム(水銀合金の歯科材料)
破損した体温計や寒暖計の中の水銀が発散して気化した場合
ニッケル
アクセサリー(イヤリング・リング・ネックレス)
腕時計、時計バンド、眼鏡のフレーム、合金の歯科材料
コバルト
合金の歯科材料
アクセサリー
眼鏡のフレーム
クローム
合金の歯科材料
アクセサリー
皮製時計バンド
症状
金属が接触している所、また場合によっては接触部以外にも湿疹やかぶれ、皮膚炎を 起こします。皮膚に異常が生じたら直ちに金属を外し専門医の診断を受けましょう。
イヤーピアスと金属アレルギー
ジュエリーの中でも耳たぶに穴をあけそこに金属の軸を通して装着するイヤーピアス は特に金属アレルギーが起こりやすいアイテムです。その為最近では金属アレルギーを起こしにくいと言われているチタンを使用した製品などもございます。起こします。皮膚に異常が生じたら直ちに金属を外し専門医の診断を受けましょう。
アクセサリー類のアレルギー対策
アクセサリーアイテムの中では地肌に直接つける事のないブローチが安全でしょう。この場合、ブローチのピンが肌に着かない様に気を付けましょう。またネックレスや ペンダントは、首元にピッタリくるものは避け長めの物を選びましょう。長い物でし たら衿の付いたブラウスやスタンダートカラーのジャケットの上から着けることがで き、肌に直接着く事はありません。
安全資産としての金とは
人間は誰しも、自分の財産を残そうと言う気持ちを持っています。ミクロで言えば貯金がそうです。マクロで言えばそれは、国家資産等になるかと思いますが、もう少し個人レベルまで落して行くと、株や土地建物、外貨預金や投資信託、保険商品などがあり、それともう一つが『金』なんです。古くは1816年のイギリスの金本位制だったり、(日本では1897年)現在では『金は裏切らない』と言った事に裏付けられるのですが、不況になった場合には金が上がる(奇しくも2016年6月24日のイギリスのEC脱退により金相場急騰)と言う性格から金を買われる方が多くいられます。しかも保有するだけでは税金もかかりません。低金利時代の今では銀行に預けるより金で持っている方も多くいらっしゃいます。財産保有は「リスクを如何に多くに振り分けるか」が大事です。一つに全財産を投入してしまえば、その価値が下がっただけで大ダメージを受けてしまう。だからリスク回避の為に色々なところに財産を振り分けるのが定石です。その中でも金は比較的安全とは言え、将来的に経済や時代の流れが変わり、安全資産等を必要としない平和な時代が来た場合には、金の価値は下がるでしょう。ある一定の「危機」があって初めて成り立っている金の価格でもあるのです。そう思うと今のこの金価格は異常なのかもしれません。
プラチナの豆知識
プラチナとは一体どのようなものなのでしょうか。プラチナの歴史や、なぜ希少価値があるかなどの情報を豆知識としてまとめております。最後に金との違いと、プラチナの性格を提示しておりますので、世界経済等と照らし合わせてプラチナ相場を見る事も出来るかと思います。
プラチナとは? ~プラチナ相場動向など~
結婚指輪にも良く使用される白い輝きを放つプラチナの用途は、大きく分けて工業用と宝飾用の2つに大別されます。 世界最大のプラチナ消費国家日本では、国内総需要のおよそ40%が宝飾用として使用されており、特にプラチナ好きの国民と言えるでしょう。 プラチナも金同様、化学的に非常に安定している事から触媒として自動車の排気ガスの浄化や、フルート・電極・るつぼ・と多方面で活躍しています。 日本では宝飾用としてですが、世界的に見ればプラチナは工業用として約62%が使用されており、医療・バイオ・化学と多方面で活躍しています。 また、地球環境を支える最先端技術にも利用されており、21世紀の産業には不可欠な資源として需要が高まって来ています。 これまでに採掘されたプラチナは約4720トンと金の1/34という少なさで、貴金属の中でも特に希少性があります。 最近の相場では2010/4/24に5466円まで上昇しました。プラチナの市場規模は金よりも小さい為世界経済・社会情勢の動向によって爆発的に価格が変動することもあります。 現物資産としての価値に加え、投資としても魅力のある貴金属といえるでしょう。
プラチナの品位(純度)について
皆さんがお持ちの指輪や宝石に付いている地金のプラチナですが、必ずと言っていい程刻印があります。プラチナは工業用という側面と、金よりもっと柔らかいと言った側面から金性(キンショウ)が下がるにつれて買取価格と価値は下がっていきます。ここでは広く世に流通しているプラチナの品位を、良く製造されているアクセサリーのカテゴリと共にご紹介していきます。
Pt999(純プラチナ)99.95%含有
Pt999(Pt1000は平成24年4月以降999になりました)はPlatinum999の略となり、100分率で言う99.95%となります。世界中どこでも用いられ指輪やネックレスと言うより、一番多いのが工業用金属でしょう。世界採掘の62%が工業用として使われ、次いで宝飾用となります。日本はその中の世界最大のプラチナ消費国となりますので驚きです。ただ純プラチナは非常に柔らかく傷も付きやすい為、宝飾品等には不向きとなりまずが、稀に純プラチナのネックレスや指輪を目にします。アジアとは違ってプラチナというネームバリューが強い日本ならではのアクセサリーです。金同様、合金を混ぜて固さを持たせるのが一般的となります。
Pt950(950白金)95%含有
Pt950はPlatinum950の略となり、100分率で言う95%となります。世界中どこでも用いられますが、特に多いのが欧州のブライダルジュエリーの品位となることが多いです。イギリスは950しかプラチナと認めていないほど。カルティエやブルガリ、ティファニーのエンゲージリング(婚約指輪)などで多く用いられる品位となります。もちろん日本の結婚指輪にも多く用いられる品位です。Pt900よりプラチナが多く含まれているため柔らかく傷がつきやすいのも特徴です。


Pt900(900白金)90%含有
t900はPlatinum900の略となり、100分率で言う90%となります。世界中で用いられますが、特に日本人が多く好む品位です。需要トップは指輪とペンダントトップ。細かな細工を必要とするため程よい硬さと柔らかさを持っている900はぴったり。しかも変色せずプラチナ独特の色調もございます。割金はパラジウムやルテニウム、稀に銅も使われることが多いです。ネックレスでトップは900、チェーンは850が多いのもこの為となります。
Pt850(850白金)85%含有
Pt850はPlatinum850の略となり、100分率で言う85%となります。世界中でも勿論用いられていますが、特に日本ではチェーンネックレスに用いられるのが需要トップとなります。理由として950や900より硬さを持たせたいのがあります。しかも変色せずプラチナ独特の色調あるためホワイトゴールドより好まれる傾向です。割金はパラジウム・ルテニウム・銅など。過去コストが900より安い事からじゅわいよ・くちゅーるマキなどが850品位を指輪などに用いたのは有名です。


プラチナの歴史
遡ること紀元前700年頃、エジプトの女性神官シェペヌペットの墓から出土した小箱で、「テーベの小箱」と呼ばれるものが現存する最古のプラチナ製品としてルーブル美術館に収蔵されています。
10世紀頃では既に高度な精錬技術があり、純度80%以上の装身具としても利用されていたと言われています。 当時の精錬技術ではプラチナを溶かす事は出来ず、大量に破棄されるということもありました。
何千年もの間その価値が見出されることも無く、1700年代にコロンビアのピント川で白い金属を発見し「ピント川の小さな銀」と呼ばれ、今のプラチナとなるのです。
プラチナの希少価値
「プラチナとは」でも説明した通り金に比べ非常に産出量も少なく、主要産出国も南アフリカ・ロシア・カナダの3カ国しかありません。 さらに原鉱石のプラチナ含有量もごく僅かで約3gの製品を作るだけでも1トンもの原鉱石が必要となります。 ここまでお話しただけでもプラチナの希少性というものが分かると思います。
プラチナ自体全金属中最も安定かつ劣化することが無い為、ほぼ永遠に触媒として利用可能です。プラチナこそまさに我々人類には重要不可欠な金属かもしれません。 用途別のシェアは自動車触媒39%・宝飾品37%・投資用・1%・石油精製2%・ガラス5%・電気3%・化学5%・その他8%とかなり多方面で使用されております。
現在では自動車の触媒としてプラチナよりも安いパラジウムが使用できる事が判明し、世界中の自動車メーカーがパラジウムを買いに走りました。 当然、パラジウムが高騰。さらに追い打ちをかけるように世界のパラジウム産出国第2位のロシアが国外に出し渋りをした為、プラチナよりも高騰したこともあります。 そうなれば自動車メーカーは挙ってプラチナを買いに走り、今度はプラチナさえも高騰という状態にもなりました。
特に、最近ではプラチナの割金に使っているパラジウムが高騰し、プラチナよりも高くなってしまい、つられてプラチナまでもが値上がっています。
プラチナと金の違い
金とプラチナ、どちらも一緒の貴金属の仲間と思っている方もいるかもしれませんが、実が全く違います。それは素材自体が違うのではなく、「性格」が違うと言う事です。プラチナは前出の通り工業用の性格を色濃く持っています。これは産業=景気に左右される側面を持っていると言う事。景気が良くなれば金額は上昇し、逆に景気が悪くなったり、どこかの国の経済危機があったりすると、売られて金額は下がります。2015年では、VW(フォルクスワーゲン)の排気ガス規制偽装問題では、車が売れなくなるとの見解から、5,000円から3,600円まで下落したのは記憶に新しくもあります。過去にはリーマンショックやサブプライムローン問題、ギリシャ危機やイギリスのEC離脱で、金は上がったがプラチナは下がると言うのがそう言う事です。安全性を求める時はプラチナは買われず金は買われ、外貨準備などでも金は買われるがプラチナは買われないんです。

しかしながら金と同じ【貴金属】と言う商品の性格も有る為、全く違う局面で金が上昇した時にプラチナも一緒に上昇すると言う場合もあるんです。こう言った性格の違いを抑えておき、プラチナをお持ちの方はテレビのニュースや新聞などで経済動向を観察しながら、売るタイミングを考えていても良いのかもしれませんね。
EXPERT CONTENTS
専門ページのご案内