array(15) {
  [0]=>
  string(8) "4848.284"
  [1]=>
  string(8) "4819.136"
  [2]=>
  string(8) "4763.269"
  [3]=>
  string(9) "4359.5692"
  [4]=>
  string(7) "4250.75"
  [5]=>
  string(9) "3953.9262"
  [6]=>
  string(9) "3639.1278"
  [7]=>
  string(9) "2712.2214"
  [8]=>
  string(9) "1894.1342"
  [9]=>
  string(7) "1651.72"
  [10]=>
  string(7) "4420.78"
  [11]=>
  string(7) "3109.12"
  [12]=>
  string(7) "1991.78"
  [13]=>
  string(7) "1020.18"
  [14]=>
  string(6) "631.54"
}
成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

アクアマリン(アクワマリン)の買取実績

モルガナイトのダイヤリング(K18YG)
買取価格
21,000円
若干Browmの感じられるモルガナイトのリングです。トップがツイストされたデザインになっています。淡い...
アクワマリンのダイヤリング(Pt900)
買取価格
100,000円
6ct近い大粒のアクワマリン(アクアマリン)リングです。若干色が薄めですが透明度があり、脇石もたっぷ...
アクワマリンのダイヤモンドリング(Pt900)
買取価格
16,000円
アクワマリンは色の濃さがポイントになります。こちらはほんのりとブルーと感じる程度と色は薄かったの...
アクワマリンのルース
買取価格
8,000円
8ctupの大粒ルースです。宝石の状態にもよりますが、鑑別書などの付属品はそろえておくのがポイントです...

 高く買い取るポイントは?

鑑別書付の尚且つ大きめの石ですと石へのお値段反映は比較的簡単です。
ブルートパーズよりお値段は付ける事は出来ますので濃いブルー、また綺麗なブルーであれば是非お持ち込み下さい。 もちろん取り巻きのメレダイヤのブリブリ感は必須!お待ちしております。※因みに和名では『アクワマリン』が正式名称となります。

鑑定士 杉

 アクアマリン(アクワマリン)、モルガナイトとは?

名前の由来は「海の水」を意味するラテン語からきています。
属する鉱物は「ベリル」。実はエメラルドと同じ鉱物で色違い。
微量の鉄分が混ざることにより独特の美しい水糸が生まれるのです。
エメラルドと比べると遙かに高い透明度で大きな結晶が数多く発見されます。

通常、産出時は緑色を帯びていることが多いため、ほとんど全てのアクアマリンが色の改善目的で加熱処理がされています。カラーバリエーションは淡い海青色~濃い海青色。最良の色は濃いスカイブルーのような鮮やかな水色です。
かつてブラジルのサンタマリア鉱山から産出した最高品質のアクアマリンに「サンタマリア」と商品名が名付けられ、業界を席巻しましたがサンタマリア鉱山は枯渇して主な産地はナイジェリアやモザンビーク、マダガスカルでがこれらアフリカで産出した素晴らしいアクアマリンは「サンタマリア・アフリカーナ」という商品名で呼ばれています。他に淡いピンク~ローズのモルガナイトもございます。
名前の由来はアメリカの資産家であり宝石愛好家でもあるJ.P.モルガン氏となります。

 アクアマリン豆知識

    ここでは、アクアマリンとモルガナイトの基本的な説明をしていきます。
    ※宝石名の正式名称は『アクワマリン』となりますが、ここでは一般的な『アクアマリン』と記載しております。

    ◆基本データ・モルガナイト◆
    英名  Morganite
    和名  モルガン石(もるがんせき)
    硬度  7.5~8
    屈折率 1.577~1.583
    誕生石 3月

    まず、アクアマリンとモルガナイトは、エメラルドと同じ「ベリル」に属する石です。
    ベリルは色により呼び名が変わり、青はアクアマリン、ピンクはモルガナイトとなります。
    モルガナイトは、まだ宝石としてはさほど認知度は高くありません。
    そのため、産出されるものの多くは加熱処理をして、認知度の高いアクアマリンに変え流通されます。

    ■生産地・特徴■
    ★アクアマリン
    主にブラジルやアフリカ、ロシア(ウラル地方)、ナイジェリアなどから産出されます。
    以前は、ブラジルのサンタマリア鉱山より非常に良質な石が産出されていました。
    アフリカのモザンビークは 色の濃い良質なアクアマリン産出されることで有名。
    「サンタマリア・アフリカーナ」という称号が与えられるほど、世界中から賞賛されています。

    大産地としては、ブラジルのミナス・ジェイラス州です。
    大きな原石が発掘されたこともあり、 ブラジルのシンボル石とまでなっています。
    スリランカからも、大粒の石が産出されます。

    ★モルガナイト
    モルガナイトが最初に発見されたのは、マダガスカルの海岸でした。
    主な産地としてはアクアマリンと同じく、ブラジルやアフリカ、マダカスカルなどです。
    1989年にアメリカ・メーン州、バックフィールドにあるベネット石切り場において、発見された中では最大となるモルガナイトが採掘されました。 その大きさは縦23cm、横30cm、重さは23kgにも及び、ややオレンジがかった色合いをしています。
    このモルガナイトは「Rose of Maine」(メーン州のバラ)と呼ばれています。

    ★特徴★
    モルガナイトは、含まれる成分により色・種類が異なります。

    ビンク色のものをモルガナイト。
    この色は内包されたマンガンによるもので、そのやさしい色調から特に女性に人気があります。
    また、同じピンク色でも、より色が濃く華やかなものについては、「ラズベリル」と呼ぶこともあります。

    ■カット■
    ★アクアマリン
    大粒のものはブラジル産から産出されることが多く、原石の形を生かしたカットが特徴で、ファンシーシェイプカットが多く見られます。
    また品質が低めのものに関しては、カボションカットにされることが多いです。

    ★モルガナイト
    モルガナイトは、ボタンカット(衣服のボタンにのような形)にされることが多いです。
    その形から、主にブレスレットなどに使用されています。

    ■アクアマリン・モルガナイトのお手入れ方法■
    アクアマリン、モルガナイトは共に硬度も高く、耐久性に優れています。
    比較的、傷も付きにくく気軽にアクセサリーとして使える宝石です。
    ただ、脂分を吸収しやすいので、身につけた後は拭きとってから保管をして下さい。

    ★汚れが気になる場合は、以下の方法でお手入れを行って下さい★

    ・毛の柔らかい歯ブラシに中性洗剤を付け、優しくブラッシング洗い。ぬるま湯で洗剤と汚れを洗い流す。
    ・柔らかいタオルの上に石を置いて、ドライヤーの冷風などで大まかな水気を吹き飛ばす。
     ★風量が強すぎると、宝石が飛んでしまいますので注意!★
    ・水気を残さないよう、柔らかい布で完全に水気を拭き取る。
    他の石を傷付けないよう、布などでくるんで保管して下さい。

    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    □ パワーストーンとしてのアクアマリンとモルガナイト □ 
    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    基本的なお話はしてきましたが、パワーストーンとしては、どんな意味や効果があるのでしょうか。

    ■アクアマリンとモルガナイトの効果・意味■
    アクアマリンとモルガナイトは、パワーストーンとしても共通する部分が多くあります。
    アクアマリンは、海の色や海の精のイメージから、船乗りたちの安全を守る守護石として、愛用された歴史もがあります。
    モルガナイトと共に、気を静め、穏やかにさせてくれる効果があるといわれています。

    共通して以下のような効果があります。

    ・人間関係でストレスを感じた時
    ・心に潤いがほしい
    ・情緒性や芸術性を高めたい
    ・優しく清らかな心を取り戻したい
    ・恋愛を長続きさせたい
    ・女性らしさを高めたい

    ネガティブな気持ちになった時に、希望の光を示すとされるパワーストーンです。
    守護石として愛用されていたことから、旅行時の事故や災難から身を守るともいわれています。

    また、共通して恋愛に関する効果があることから、幸せな恋愛や結婚へのパワーストーンとしても人気があります。

    ■アクアマリンとモルガナイトの相性の良いストーン■
    アクアマリンとモルガナイトは、どちらも恋愛に効果があることから組み合わせると、結婚への後押しをしてくれるといわれています。

    また、夫婦生活を円満にしたいのであれば、アクアマリンにローズクォーツやカルセドニー、ムーンストーンを合わせるとより効果的です。 言いたいことを言えない、思いが伝わらないなどで生じるマイナスの感情を、修正するサポートをしてくれます。

    日々を穏やかに過ごすためにも、アクアマリンとモルガナイトは、日常的に付けておきたい組み合わせです。

    ■誕生石としてのアクアマリンとモルガナイト■
    アクアマリンとモルガナイトは、3月の誕生石として知られています。

    アクアマリンは、寂しい人には愛、既婚者には更なる幸せと貞節が約束されるといわれてます。
    そのため19世紀ヨーロッパでは、恋人たちに人気の贈り物でした。
    また、海の宝石=「海は女性の象徴」とされ、女性の味方になってくれる宝石でもあります。

    モルガナイトは、発見されてからまだ時間がさほど経過していないため、伝説などはありません。
    ですがそのピンク色の綺麗な輝きからは、愛や恋愛にまつわる性質が備わっているとも・・・。

    ■アクアマリンとモルガナイトの石言葉■
    アクアマリンとモルガナイトの石言葉には、「沈着」「聡明」「愛」「素直さ」などがあります。
    そのため近年では、幸せな結婚を象徴する石として女性に人気が高まっています。

    「恋の邪魔を排除したり、夫婦の愛情を復活させる石」という意味もあり、恋愛において愛を修復してくれます。
    恋人との関係、夫婦仲に悩んでいる方や、パートナーへ仲直りのプレゼントとしてもいかがでしょうか。
    子宝にも恵まれる石と言われていますので、結婚を控えた方へのプレゼントにもオススメの石です。

    また、アクアマリンは「勇気の石」とも言われています。
    その由来は、古代ローマの太陽神アポロンの妹である、勇敢な月の女神ディアナの石であることからとされています。
    身につけることで、粘り強く活力に満ちるサポートをしてくれます。

    アクアマリンの透き通るようなブルー、モルガナイトの淡いピンクの組み合わせは、見ているだけでも心が浄化されていくようです。

宝石,色石ごとの買取特設ページ

 なぜ高価買取が可能なのか

なぜ高価買取が可能なのかテキスト

リファがお約束している10のポイント
EXPERT CONTENTS
専門ページのご案内