170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F リファスタ
日本流通自主管理協会(AACD)加盟店
ページトップ
×
金買取
>
金のコラム
>
【2023年の夏枯れ相場はどうなる?】についての補足

【2023年の夏枯れ相場はどうなる?】についての補足

作成日: 2023年6月23日

更新日: 2023年9月22日

No Image

前回、夏枯れ相場について解説を行い、今年は夏枯れ相場はない可能性が高いと結論づけました。今回は、その補足です。

この記事の要約

前回の記事では、金価格の構成要因である【1】ドル、【2】金利、【3】GDP(国内総生産)、+需給のうち、主に【1】と【2】を中心に解説。

https://kinkaimasu.jp/lounge/what_will_happen_to_the_summer_withering_market_in_2023/

今回の記事では、この【1】と【2】をより詳細に解説するとともに、【3】と+需給に関しても補足。

【1】と【2】については、今年7〜8月までは金利安によって金の価格が高くなる可能性が高。

しかし、それ以降は金利が冬の商戦シーズンに向けて上昇するので、「6月>8月」以降というかたちで価格上昇の増減が変わる。

つまりは、8月以降よりも6月以降の方が金価格の上昇が高い可能性があるということ。

ただし、バカンス期間である7〜8月には各国中央銀行の買い付けが緩む可能性があり、その点で金の需給相場が緩む、可能性を否定してはいけない。

では、総合的に考えて夏枯れ相場がない可能性が高い、という結論には変更点がないことを見ていきましょう。

7月〜8月にかけての金利の動向は?

まず、季節性的に金利は毎年5〜6月にピークを打ち、7〜8月にかけて底を打つという解説をしました。

以下のグラフは、アメリカ国債指標金利10年物利回りの推移です。

参照元:TRADING ECONOMICS

毎年7月下旬から8月上旬にその年の安値をつける傾向があることがわかるでしょう。

もちろん、その前に安い金利がある場合はその限りではありません。

2023年の場合、年初から横ばいです。

金利が安くなる傾向がある7〜8月、金は主にその影響を受けて上下します。

つまり、これから7月末に向けて金利が下降する可能性が高い、ということです。

その証拠に6月14日のFOMC(連邦公開市場委員会)では、今まで約1年半にわたって継続してきた政策金利の誘導目標の引き上げを停止しました。

その他、債務上限問題でアメリカ政府は、上限を目前に控えて歳出を減らしていましたが、解決した6月5日以降に歳出を増やしています。

これでドル安になりますが、債務が増えているということは信用の剥落になり、金利が上昇しやすい傾向にあります。

上記のグラフでも6月に上の方に抜けているのは、6月5日にバイデン大統領が法案に署名した後からになります。

金利の下降圧力と上昇圧力のどちらが強いか?

政府債務上限問題の解決を見て、財政緩和を進めるアメリカ政府だが…

では、季節性を背景とした金利の下降圧力と、財政面からの上昇圧力のどちらが強いか、という問題になります。

まず、債務が上限に達してしまったら連邦政府が閉鎖されてしまうので、上限に達しないように歳出をコントロールしていたわけです。

そのタガが外れたので、足りない部分に重点的に歳出を増やすのは当然の帰結ででしょう。

しかし、それが永続的かと問われれば一時的な話になる、と考えるのが自然ではないでしょうか。

一方、季節的に金利が下降するという見方は、アメリカ経済の構造的な問題です。

つまり労働者はバカンスのために働くわけで、一方の企業はバカンス前には売り上げが増えるのでそこを目指して生産を行います。

つまりバカンスが本格化する6月前に、冬場の感謝祭の売り上げピークのように、5月末のベテランズディーに目標を据えて活動するわけです。

それは労使双方の共通の利害であり、6月以降は雇用も生産も低調になってくるから資金調達需要が細くなり、金利が下がるという意味になります。

両者を比較すれば、政府の財務規模より当然、民間の経済規模の方が大きいわけです。

ゆえに金利は下がる傾向にある、という結論になります。

金利が底を打った後はどうなるか?

7〜8月にかけてアメリカをはじめとする欧米諸国はサマーバカンスに突入

金利は、7〜8月にかけて安値をつけるという話をしました。

これは冬のバカンス、つまりクリスマス休暇に向けて準備は始まるのです。

参考までに6月のアメリカはドライビングシーズンといい、この時期がサマーバカンスに相当し、9月まで続くことになります。

つまり7〜8月にかけて企業の資金調達が活性化し、金利が上昇し始めるのです。

まずは設備投資、つまり商品のリニューアルなどを行うための製造ラインの変更などを行い、遅れて製造を担う人材を確保する流れになります。

金利が上昇し、8月くらいから新規雇用も増えていくのであればドル高、ということになります。

しかし、昨年と比較すれば金利は安い状態なので、金は高い傾向が続くということになるのです。

7〜8月は中銀の金買い付けに不安要素が…

クリスマス休暇は欧米諸国最大の休暇シーズン

需給面においてですが、7〜8月はアメリカに限らず、北半球であればどこもお休みになります。

南半球は、反対にクリスマス休暇になるわけです。

公務員も皆平等に夏休みになります。

ご存知のように、最近の金の高騰は各国中銀の買いによる側面があり、そうなると中銀による買い付けもお休みになる、ということです。

もちろん、定期買付を行っている国では決まった日付で買いに来る可能性は高いでしょう。

しかし、突然、中銀が買付にくるという可能性は減ります。

そうした場合、金の需給は緩む可能性があるわけです。

GDPにおいても金買いには追い風が吹いている

バブル期以来の高値となっている日本の株価

最後にGDPに関しては現在、日本は株高であり、日本の4〜6月期GDPは上昇します。

このGDPの上昇は、金価格にとってポジティブな要素です。

その他の国もインフレ抑制のために金利を上昇させていますが、株価は堅調です。

GDPにおいても金買いには追い風が吹いている、ということになります。

つまり総合的に考えて、夏枯れ相場がない可能性が高い、という結論には変更点がありません。

著者:杉 兼太朗(リファスタことラウンジデザイナーズ株式会社 代表取締役)

著者杉 兼太朗
Kentaro Sugi

代表取締役

著者プロフィール

2010年にリユース事業を行うラウンジデザイナーズ株式会社を設立。店頭・宅配での買取販売・精錬分割加工等を通じ全国へ展開、当時業界タブーとされていた金やプラチナ、ダイヤモンドの買取相場価格をウェブサイト上へ開示する等リユース業界を牽引。自身も査定人として現場で働く傍ら、本ウェブサイトの執筆・監修、動画配信を通じて自ら発信し続けている。

略歴・修了資格

GIA(米国宝石学会) Diamond Grading Lab Class修了
CGL(中央宝石研究所) 宝石学セミナー 宝石鑑別コース修了
JJA(一般社団法人日本ジュエリー協会) ジュエリーコーディネーター 2級・3級

BBT大学大学院
グローバル経営学科

MBA(経営管理修士・経営学修士) 2024年9月卒業見込

Q&A

Q金額に納得いかない場合は、査定だけでもよいのですか?
はい、査定は無料ですのでお気軽にお声がけください。店舗はもちろん、メールでもLINEでも査定は受け付けております。
Q買取りをお願いしたいのですが、どうすれば良いですか?
東京:池袋の店舗にお越しいただくか、全国から宅配買取を受け付けております。お品物と身分証明書をご用意ください。

ページトップ
リファスタより
お困り事はありますか?お気軽にご連絡ください。
閉じる
返信
初めての方はこちら
電話番号
LINE査定
宅配買取
店舗アクセス
×
とても満足
2024/05/26 20:05
【選んだ理由】
買取査定での価格が一番良かったです。
【担当者へ一言】
LINEでご対応頂きましたが 全てに置いてとてもご丁寧に対応頂きありがとうございました。 査定の価格にも満足してます。
島根県 女性 30代
参考になった0
詳細を見る
とても満足
2024/05/25 19:17
【ご要望・ご指摘】
厳しい指摘はありません。
【選んだ理由】
正確で回答が速い
【担当者へ一言】
まだ、よく解りません。
富山県 男性 70代以上
参考になった0
詳細を見る
とても満足
2024/05/24 00:00
【ご要望・ご指摘】
別になし。
【選んだ理由】
査定が早いから。
【担当者へ一言】
別になし。
東京都 男性 60代
参考になった1
詳細を見る
とても満足
2024/05/24 15:51
【選んだ理由】
他店は返信も遅く買い取り額が安かったです。
【担当者へ一言】
とにかくご返信が早く丁寧でした。
神奈川県 女性 50代
参考になった0
詳細を見る
普通
2024/05/23 19:30
【ご要望・ご指摘】
特にありません
【選んだ理由】
前回も売却した為。
【担当者へ一言】
特にありません
青森県 女性 40代
参考になった0
詳細を見る
お客様の声一覧はコチラ