CATEGORY

金の価値

買取業から見た「金の価値」を綴ったカテゴリです。

  • 2021-05-20
  • 2021-05-20

5月7日の米雇用統計を受けて大波乱が来る!?

今回は、5月7日に発表されたアメリカの雇用統計を受けて、マーケットが大混乱になる可能性について説明していきます。 なぜ今のアメリカでは雇用が大事なのか 去る5月7日に米労働省から発表された雇用統計の非農業部門の新規雇用者数は、コンセンサス100万人に […]

  • 2020-12-19
  • 2020-12-19

あなたは金とビットコイン、どちらを買う?

アメリカ大統領選挙が12月14日の選挙人投票を前にバイデン勝利確実と見て、さまざまな変化がもたらされています。 今回のテーマ、ビットコインもその一つです。 バイデン政権の誕生で変わること バイデン新大統領の誕生によって何が変わるのか、今ひとつピンとこ […]

  • 2020-12-01
  • 2020-12-01

金の価値を保守とリベラルの枠組みで考えてみる

金をリベラルと保守の枠組みで考えた場合、どのような解釈になるのか? 今回はこちらを解説していきます。 保守とリベラル 前回の記事では、保守とリベラルの対立はそもそもキリスト教のカトリックとプロテスタントの対立に起因するということ。 保守は自助によって […]

  • 2020-11-09

公的資金が金を購入するなんてあり得ない

今回は、読者の方から「年金機構が金を購入したら、もっと運用が楽になるのではないか」という質問をいただいたことへの回答です。 以前に紹介をした記事 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/29243 引用元:楽 […]

  • 2020-10-10

政府の学術会議委員任命拒否と金の買いの趣旨は同じ

新任の菅総理が、日本学術会議の会員候補の6人の任命を拒否したことが話題になっています。 今回はこのことについて、そして、これと金との関わりについての解説です。 日本学術会議メンバー入り拒否 この報道を受けて日本学術界は反対の意向、そのほかの団体・個人 […]

  • 2020-10-02
  • 2020-10-02

金の価値を、21世紀の国家は倒産しない理由から読み解く

潰れる今回は、金の価値を歴史的に振り返ってみた上で国家の破産の可能性について考察し、現代における金の価値を改めて考えていきたいと思います。 歴史的に見る金の価値 金の歴史は、日本では奈良時代や平安時代から見られますが、採掘はそれ以前からあったでしょう […]

  • 2020-10-02
  • 2020-10-02

金の価値をアメリカの保有量を元に説明してみた。

今回は読者の方からご質問がありましたので、それにお答えしていきます。 アメリカは金を大量に保有しているから、国家が破綻するようなことはないのかという内容です。 その謎を根源的に解説していきます。 アメリカの金保有状況 下記は、アメリカ政府が保有する金 […]