CATEGORY

貴金属,相場関連

  • 2020-08-04
  • 2020-08-04

金市場は現在バブル真っ只中!?

金が史上最高値を更新してはいますが、心配することはありません。 その根拠は、ワールドゴールドカウンシルの2020年の4月期の展望と年央の見通しです。 今回は、この性質の悪い欺瞞に満ちたレポートをひも解きながら、現在の金価格がバブルであることを説明しま […]

  • 2020-07-29
  • 2020-07-29

金価格を動かす予定が盛りだくさんの2020年7月27日の週!

2020年7月27日から始まる週は金価格の変動に関する材料が盛りだくさんです。 金価格の変動材料は 【1】金利 【2】ドル 【3】GDP このどれもに重要な発表があり、大きくマーケットが動く可能性があります。 今回はその考察です。 ドルの動向 7月2 […]

  • 2020-07-28

アングロサクソン思想と基軸通貨、そして金の価格

今回は、アングロサクソン思想とそれにまつわる基軸通貨、そして金との関係について説明します。 エリザベス女王がポンド硬貨に描かれている意義は、自由と公正を旨とするイギリス国教会(プロテスタント)の象徴だからです。 この理念を端的に言うとアングロサクソン […]

  • 2020-07-27
  • 2020-07-27

ポンド金貨とイギリス復活への道のり

イギリスは世界の海を制したかつての超大国ですが、近年では停滞が危惧されてきました。 今回は、そんなイギリスが今後飛躍してゆく可能性がある理由を解説します。 イギリスの国力の推移 下記は1994年から2020年6月までのイギリスの貿易の総計、実効為替レ […]

  • 2020-07-27
  • 2020-07-27

金貨の謎-なぜポンド貨にはエリザベス女王が描かれているのか?

皆さんもご存知のエリザベス女王。 今回はイギリスの歴史を紐解きながら、なぜイギリスのポンド貨(スターリング貨)にエリザベス女王が描かれているのかを考えます。 イギリスの栄華は女性が代表の時に現出する 1980年代にマーガレット・サッチャー首相が在任し […]

  • 2020-07-27
  • 2020-07-27

米大統領選挙はトランプ敗北必至の情勢

2020年11月3日、共和党の現職トランプ大統領と民主党のジョー・バイデン前副大統領の間で争われるアメリカ大統領選挙が行われます。 今回は現状における上記大統領選挙も踏まえた分析と金の状況の解説です。 劣勢に立たされるトランプ 選挙には、行われてみな […]

  • 2020-07-23
  • 2020-07-27

金価格とアメリカの金融緩和の増大

2020年7月12日の週から、アメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)が再び緩和量を増やしています。 今回はこの問題の考察するとともに、金価格の行方を追っていきます。 FRBの緩和量増加と株価の関係 新型コロナ禍によって、FRBは202 […]

  • 2020-07-22
  • 2020-07-29

金価格とバブル化するIT関連株

アメリカの新興企業向け株式市場、ナスダックを中心とするIT銘柄の買い加速が止まりません。 今回は、このIT銘柄と金の関係を解説していきます。 FRBのバランスシートとNYダウの関係 下記は、アメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)のバラン […]

  • 2020-07-16
  • 2020-07-16

金を含めて貴金属市場が高すぎる!2020年7月の金融市場

株価を筆頭に金やパラジウム、白金などが高すぎる2020年7月中旬現在の金融市場…。 今回は、今の値段がいかに異常かを解説していきます。 コロナショックが起きると予測した根拠 明瞭な答えは【高すぎるものはいつか下がる】それは時間の問題でした。 新型コロ […]

  • 2020-07-16
  • 2020-07-16

金価格の展望を2020年7月6日の金の動きから解説

7月4日はアメリカの独立記念日でアメリカの市場は休場になります。 その前日の7月2日にアメリカ雇用統計の発表があり、マーケットは荒れていました。 今回はその辺から金の価格解説を行います。 なぜ7月6日を選んだのか? 実は7月6日のマーケットは理解不能 […]