CATEGORY

コロナショック

  • 2021-10-05
  • 2021-10-05

金のテクニカル分析と恒大集団危機について

9月20日、中国で8月から噂されていた恒大集団(英名:エバーグランデグループ)のデフォルトが起こりました。 今回はテクニカルで金相場を分析した上で、その解説を行います。 ドル建て金相場日足のテクニカル分析 以下にドル建て金の日足チャートを貼り付けます […]

  • 2021-10-02
  • 2021-10-02

進むも地獄、とどまるのも地獄の世界経済と「インフレに強い金」

新型コロナにようやくワクチン接種の効果が出て、行動制限の緩和が期待されています。 菅首相の「明るい兆しが見えてきた」という言葉通り、今や実際に希望が見えてきました。 ただし、あくまでもコロナの話であり、経済に対しては悲観的にならざるを得ません。 新型 […]

  • 2021-09-30
  • 2021-10-01

日本の真の問題!医療業界のモラルハザードと、総裁選からの金相場

菅首相が突然の自民党総裁の退任表明で、総裁選挙でもちきりの政治です。 懸念するところは、日本の真の問題に蓋を閉ざしているような論戦であり、次の首相を誰がやっても何が変わるのかさっぱり見えてこないことにあります。 今回は、管総裁退任の背景と、日本の真の […]

  • 2021-09-28
  • 2021-09-28

金融緩和拡大でもドル安にならない理由と金相場のテクニカル分析

アメリカが9月から金融緩和を拡大したことから、ドル高からドル安になる予定でした。 しかし、現実にはドル安になっていません。 今回はその解説と、今後の金相場の展望をテクニカル分析で見ていきます。 金融緩和でドル安は間違いだった!? 9月に入り、アメリカ […]

  • 2021-09-26
  • 2021-09-26

物価高での不景気が到来!?欧州情勢に注意すべし

前回までは中国・米国との関係の真意に迫ってきましたが、今回は、これから注意が必要となってくるであろう欧州圏の経済情勢についてです。 アメリカに続きEUもインフレ時代に突入! 9月2日に発表されたユーロ圏卸売物価指数(企業物価指数)=PPIは以下のグラ […]

  • 2021-09-18
  • 2021-09-18

マーケットは前年との比較で動くという観点から金相場を見ると…

今回は、マーケットは前年との比較で動くという観点から金相場を見てみます。 マーケットが去年と比較して動く理由 経済指標は、主に前年比や前期比、前月比で動いています。 その経済指標の上下によってマーケットが動いているとすれば、今年の株価が去年より高いの […]

  • 2021-09-18
  • 2021-09-18

現在の金相場は米新規雇用者数の良し悪しに注目!

ようやく金が8月9日に急落し始めました。 今回は、この下落の原因をアメリカの新規雇用者数と照らし合わせながら解説し、今後の金相場の展望についても説明します。 8月9日の金の下落の要因は? 今回の金下落については、以下の記事ではテクニカルの問題としてい […]

  • 2021-08-21
  • 2021-08-21

ISM製造業景況感指数とドルの動きから予測する金相場

ISM製造業景況感指数、非製造業指数は、マーケットに取り組んだ方なら重要な指標として認知している方は多いでしょう。 今回は、7月のISM製造業指数が8月2日に発表されたことに関連して、解説していきます。 ISM製造業景況感指数とは? ISM製造業景況 […]

  • 2021-07-14
  • 2021-07-14

下落局面の今こそ金買いの準備を進めるべき理由

金は大急落を控えたような動きになっています。 こんな時に買いの準備について記すのはかなり気が早い気がしますが、何ごとも準備が98%、あとの実行は2%の力という経験則に基づくなら、今こそ買う準備をするべきです。 なぜ急落前に金買いの準備なのか? 急落す […]