合成ダイヤ

合成ダイヤモンドに関連する記事を纏めました。今後宝飾業界に脅威となるカテゴリでありながら、一般消費者にとっては朗報になるかも知れないところが悩ましいところではあります。

ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!イギリス「デビアス」

デビアス社は一時は世界のダイヤモンド市場の9割を独占!事実上「ダイヤの支配者」として君臨してきました。現在も1カラット以上の石ではトップシェア、さらに合成ダイヤ販売をスタート。この記事ではダイヤモンド市場をリードする「デビアス社」についてご紹介します。
ブランドジュエリー関連

セリンケント/Selin Kent

「セリンケント/Selin Kent」は独創的なフォルムが魅力 「セリンケント/Selin Kent」は2016年ごろから伊勢丹などで見かけることが多くなったNY発ファインジュエリーブランドです。 トルコ・イスタンブール出身...
ダイヤモンド関連

ライトボックス/Lightbox

ライトボックスが目指すのは「女性が気軽に買える」ダイヤモンド! 今回ご紹介する「ライトボックス/Lightbox」は、 もっと気軽に楽しめるダイヤモンドを! というコンセプトでスタートしたデビアス社による合成ダイヤジュ...
ダイヤモンド関連

スペンスダイヤモンド/Spence Diamonds

スペンスは北米有数のダイヤモンドブランド 「スペンス/spence」は北米で名の知られたダイヤモンドジュエリーブランドです。 2019年春現在、本国カナダとアメリカに13店舗を展開するスペンスでは、顧客は好みのダイヤモンドを...
ダイヤモンド関連

第2回:デビアス合成ダイヤ市場進出の理由とは?Lightbox誕生の背景に迫る

デビアスの合成ダイヤモンドブランド「Lightboxライトボックス」とは? 「A Diamond is Forever ダイヤモンドは永遠に」 1947年メアリー・フランシス・ゲレティによって生み出された、このあまりにも有名...
ダイヤモンド関連

第1回:合成ダイヤはダイヤモンドの価値を変える?販売サイドから見たダイヤの未来

本物と変わらない合成ダイヤが誕生するまで 地上で最も硬くそして強い輝きを持つダイヤモンド。 この輝くダイヤモンドが形成される場所は、地底の奥深く「地殻マントル」と呼ばれる場所です。 数百万年にわたる長い時間をかけて、マントル中のす...
ダイヤモンド関連

最終回:最新の合成ダイヤ事情!ここまで進んでいた合成ダイヤ技術進化!

合成ダイヤモンドが問題視される理由 現在の合成ダイヤモンドは、従来の「合成ダイヤモンド=産業用ダイヤモンド」という概念を大きく変えました。 天然のダイヤモンドと遜色ない輝きと硬度を持ち、色や大きさがコントロールできるうえ...
スタッフブログ

ブルーダイヤモンドについて【処理石と天然石の違いや、処理方法。】

TOP ダイヤモンドの買取 ダイヤモンドのコラム ブルーダイヤモンドについて【処理石と天然石の違いや、処理方法。】 4月のサザビーズオークション、終わりました。 目玉商品は、「デビアス・ミレニアム・ジュエル...
ダイヤモンド関連

アメリカが天然ダイヤモンドよりも明るく輝き、しかも硬度が高い新物質を開発。その名も”Qカーボン”。

ダイヤモンドしのぐ硬さと輝き 米大学が新物質を開発 チームによると、こうして作られた物質はダイヤモンドと同じく炭素原子で構成される固体だが、これまで地球上に存在したことはないとみられる。論文の執筆を率 ... こんにちは、リファスタ...
タイトルとURLをコピーしました