array(15) {
  [0]=>
  string(8) "4848.284"
  [1]=>
  string(8) "4819.136"
  [2]=>
  string(8) "4763.269"
  [3]=>
  string(9) "4359.5692"
  [4]=>
  string(7) "4250.75"
  [5]=>
  string(9) "3953.9262"
  [6]=>
  string(9) "3639.1278"
  [7]=>
  string(9) "2712.2214"
  [8]=>
  string(9) "1894.1342"
  [9]=>
  string(7) "1651.72"
  [10]=>
  string(7) "4420.78"
  [11]=>
  string(7) "3109.12"
  [12]=>
  string(7) "1991.78"
  [13]=>
  string(7) "1020.18"
  [14]=>
  string(6) "631.54"
}
成約率97% 東京都公安委員会認定店舗
170-0013 東京都豊島区 東池袋1丁目25−14 アルファビルディング4F

  1. TOP
  2. 相続時の換金と、売却方法

相続時の換金と、売却方法

続いては、「どんな時に売る?」の最終項目、
相続時の換金についてのご説明します。
ページの最後では「買取店」の利便性と
欠点についもご説明させていただきます。

相続時の「換金」って?

最後に財産分与や生前贈与に関わる状況での「換金」。
なぜ「換金?」と思われる方も多いかと思いますが、それには深い訳があるんです。

相続財産の対象となる物には、さまざまな物があります。土地や家から事業用財産、株や債券などの有価証券、宝飾品や借金までも相続財産の対象になります。

突然、「土地をあげる」と言われたらどうしますか?住んでいる所から大分離れた場所、仕事や家族の都合でそこまで行く事が出来ない人もいらっしゃるでしょう。

立地によっては、相続された土地を手にして喜ばれる方も多いかと思いますが、日本の法律だと「多額の納税義務」が発生します。「何もしないで丸儲け」しているのだから、出生した国に対して少しは対価を払いなさい。といった意味です。


法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円
※国税庁抜粋

仮に1億円と評価された財産は計算上2,790万円の納税義務が発生します。それを贈与された日から10カ月以内に収める必要があります。

この多額の税金を払えないから、それならまだ生きているうちに売却して現金を相続すれば良いじゃない…といった理由となります。現金でも贈与税は掛かりますが、「貰った物から払える」ので、土地をそのまま現金にする煩わしさよりかは幾分かましという事です。


贈与税の計算
控除後の課税価格=金額-110万(基礎控除)

控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% -
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1000万円以下 40% 125万円
1,000万円超~ 50% 225万円

「要らない」という選択もある様ですが、相続放棄(この場合1つだけではなく強制的に全部)という末路になるため、是が非でも現金にする必要があります。ですので生きているうちに財産をまとめあげ、しっかりと評価額を纏めておく必要があるのです。

そんな中での金の役割。
土地や建物は買い手が見つからなければ、換金できないのに対し、地金はいつでも好きな時に換金することができます。即現金できる唯一無二の財産と言っても過言ではありません。

もちろん地金相場の上下等のリスクはありますが、それは不動産にも株にも言えること。今現在、金の価格が異常なまでの高値で取引されているのは確かな事実です。一度に売却してから現金を手に入れる…という方法もありではないでしょうか。


そんな時に頼りになる「買取店」

ここまでは「売る状況」についてご説明してきました。
最後に「どこに売れば良いの?」という疑問にお答えします。

今回は、リファウンデーションという買取業者の目線で、ダイヤモンドや貴金属、宝石、婚約指輪等の宝飾品と、洋服やブランドバッグなどの服飾品を「どんな時に売るのか」という点に絞ってお話しを進めていきます。

ですので、相続関連で出てきた土地や建物、有価証券や事業用財産等のお話しは省かせていただきます。

早速本題ですが、おすすめしたい売却方法は
ズバリ買取の専門業者です。


一昔前までは地域に一店舗だけあった質屋に商品を持ち込むのが当たり前でしたが、今では、どんな状況でも即現金化できる「買取店」が全国に無数に存在し、いつでも気軽に利用できます。僕自身も、物凄く便利になったと関心してしまう程です。

買取サービスの欠点とは

買取業者が乱立してよく判らない状況という欠点も。家の近所にあるリサイクルショップに、ブランド品や貴金属、家具、日用品をまとめて売却される方が、地方でも都内でも増えてきていますが、僕らからすると「大分損をしています。」と言わざるを得ません。

リファウンデーションのような買取業者は専門性を多く問われ、長年の熟練された技術や流通経路等、複雑な要因が重なり合って決まります。リサイクルショップのお兄さんが、1ctのダイヤモンドを見れるか。買取額500万の決済権をその場で即決出来るか。偽物が多いブランドの真贋が出来るか。疑問に思うところです。


専門性と価格の高さは比例している

専門性が高くなるに連れて、再販力が上がるので自ずと買取額は高くなっていきます。逆に買取のジャンルを広げると、どうしても専門性が薄れリスクヘッジの為に自ずと買取額は下がってしまいます。

では高くても利益を出すしくみとは、物量が増えれば増える程、買取額は高くても利益を出す事が出来るからなのです。※仕入れの逆と考えましょう。ボリュームディスカウントが良い例です。


まとめ

最近では、インターネットで調べれば、売りたい商品の大体の価格がネット上で確認できますし、査定だって自宅で完結できる無料宅配買取があるので、わざわざお店に出向く必要はありません。日々サービスが進み便利になっていく今、「面倒だから」といった理由で、想い出のあるものを、まとめて売るのはもったいない!

お客様ご自身が、売却する状況に立った時、インターネットで専門の買取店を調べて、事前に査定(見積り)をして貰うのがおすすめです。少し時間がかかっても高く売るために、専門業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。