TAG

FRB

  • 2021-07-31
  • 2021-07-31

過熱する米不動産市場と金

今回は、過熱するアメリカの不動産市場と金というテーマを取り上げます。 FRBは金融緩和の縮小を始めたのか? 7月のFRB(連邦準備制度理事会)の議事録でも明らかになったように、FRBは7月からテーパリング(金融緩和の縮小)の議論を開始しています。 実 […]

  • 2021-07-29
  • 2021-07-29

2021年後半の金価格の見通し

今回は、今年後半の金価格の見通しを探っていきます。 因果関係から金価格を探るとは? 物事の因果関係をはっきり把握していれば、ある程度未来は見えます。 因果関係とは過去にあった事象から、今起こっている原因を探すということです。 つまり、金の価格において […]

  • 2021-07-14
  • 2021-07-14

下落局面の今こそ金買いの準備を進めるべき理由

金は大急落を控えたような動きになっています。 こんな時に買いの準備について記すのはかなり気が早い気がしますが、何ごとも準備が98%、あとの実行は2%の力という経験則に基づくなら、今こそ買う準備をするべきです。 なぜ急落前に金買いの準備なのか? 急落す […]

  • 2021-07-13
  • 2021-07-13

新たなインフレ懸念と金相場への影響

降って湧いたようにFRB(連邦準備制度理事会)理事たちが年内のインフレ懸念を表明し始めています。 今回は、これはどういうことなのかについての解説と金相場への影響についてです。 インフレの定義とは? 今回のインフレ懸念は、従前からいう数字のマジックのイ […]

  • 2021-07-01
  • 2021-07-01

金利高・ドル高・インフレ懸念下における金および貴金属の価格予測

白金やパラジウムも下落し、金利高、ドル高も進行中という状況で、金を強気に見る専門家も少なくなってきました。 ※Youtube等でも散々コメントで叩かれていたのが今は一服しています インフレ懸念も叫ばれる中、金および貴金属の価格がどうなるかを検証します […]

  • 2021-06-26
  • 2021-06-26

コロナショックから2021年6月中旬までのおカネの流れで金相場を見る

現在、ドル高を理由に金価格が急落しています。 今回はいつもの金価格の変動要因【1】ドル、【2】金利、【3】GDPの視点からではなく、全体の資金の流れ方から金の評価を考えてみます。 コロナショックからの流れ 新型コロナショックへの初動として、各国中銀は […]

  • 2021-06-10
  • 2021-06-10

中国、そしてアメリカと金融緩和の縮小の波が続く

重要なイベントであった米雇用統計の発表も終了しました。 内容は、コンセンサスよりは強い状態でしたが、期待していた結果ではありません。 これを受けてドル安になり、金の価格も高くなりました。 そんな中、世界では金融緩和縮小の動きになっています。 金融緩和 […]

  • 2021-05-29
  • 2021-05-29

5月19日のビットコイン急落の意味と金相場との関係

5月19日、ビットコインが1日で最大25%程度下落しました。 今回はその理由と意味、そして金との関係性を探っていきます。 ビットコインは金融のデカップリングの対象 中国と西側世界のデカップリング(切り離し)が話題となっていますが、金融の世界では、仮想 […]