TAG

  • 2022-05-12
  • 2022-05-12

アメリカを筆頭に「インフレは秋まで」という根拠と金相場のゆくえ

日本の小麦の買取価格の据え置きも、石油の戦略備蓄(SPR)の放出も9月まで。 黒田日銀総裁は、金融政策決定会合の記者会見で「この資源高が長く続くとは思わない」と何度も述べました。 日米欧の政権は、このインフレは秋くらいまでと見通していることがわかりま […]

  • 2022-05-11
  • 2022-05-11

このインフレの見通しと金の買い時

世間でも石油やら小麦などの価格が上昇しています。今回は今後のインフレの展開について見通しを示し、金の買い時を見定めます。 このインフレは続くのか否か? 西側の政権は9月、つまりこの秋くらいまではインフレが続くと見ているようです。 この根拠は、3月にバ […]

  • 2022-04-28
  • 2022-04-28

円安相場の今後と金価格の急落に要注意!

今回は、3月末を越えても大きく円安になった理由と、今後のドル円相場の見通しを改めて解説し、金相場急落の可能性について言及します。 円安になったそもそもの原因 マーケットにおいて円安になる理由については、以前詳しく解説をしました。 円安が進行するメカニ […]

  • 2022-04-28
  • 2022-04-28

FRB議長がドル高方針を撤回!金価格への影響は?

2021年2月にイエレン米財務長官が「これ以上のドル安は望まない」と明言した後、同年4月以降にドル高が進行しました。 今年はドルの方針がバイデン政権からは出ていませんでしたが、4月22日にようやくパウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長からドル高方針 […]

  • 2022-04-27
  • 2022-04-27

実は非常に好調な中国経済と金価格の関係

4月18日に中国の2022年1月〜3月期のGDP(国内総生産)が発表されました。 メディアではその数字をもって中国経済の減速を盛んに喧伝していますが、実際に分析すると非常に良い数字になることがわかるのです。 中国の2022年1月〜3月期のGDP 4月 […]

  • 2022-04-27
  • 2022-04-27

もう一つの金価格の構成要因分析手法【内部要因編】

今まで金の価格構成要因は、【1】ドル(人民元)、【2】金利、【3】GDP(国内総生産)と解説してまいりました。 ただし、この説明はあくまでもファンダメンタルズの側面からの価格構成要因です。 今回は、テクニカル的側面である内部要因について説明します。 […]

  • 2022-04-23
  • 2022-04-23

このインフレの成り行きと金価格の展望

ホワイトハウスでは現在の物価高騰を「Putin Price Hike(プーチン・プライス・ハイク)と呼んでいます。 実際にアメリカでの物価高騰がプーチン大統領のせいなのかどうかはともかく、今回はインフレがなぜ起こるのかを説明していきます。 インフレが […]

  • 2022-04-15
  • 2022-04-15

ロシアの次なる戦略と金相場を考えた

ウクライナ侵攻に関して、ロシアは戦略を着々と進めている状況です。 今回はこのロシアの戦略と金相場について考えます。 ロシアの次なる戦略とは? 以前に値段の約定に関して解説しました。 円安が進行するメカニズムと金価格決定のメカニズム 値段は、買い方と売 […]