日本

貴金属,相場関連

日本経済復活の動きが見えてきている

今回は、昨今の日本経済の動きを観察すると、復活の動きが見えてきていることを解説していきます。
貴金属,相場関連

金と金利の低下の関係を供給側から

今まで、金と金利の関係は、金利が低下すれば金価格は上昇するという話をしてきました。これは需要サイドの話になります。今回は供給サイド、つまり産金の話を主にしていきます。
貴金属,相場関連

教育について考える

昨今、教育に関する問題が社会的問題となっています。これは、安倍政権が日本の重要政策課題として経済と教育を挙げていることがあります。今回は、教育に関して論じていきます。
貴金属,相場関連

株価の将来がわかる方法

株価が予測通り下がっています。この予測は、以前に何度かお話しをしていると思います。金の場合、国の力と金利を見ていればだいたいわかると説明していますが、今回は株価の場合はどうやって予測するのかという話をしていきます。
貴金属,相場関連

日米欧同時金融緩和

この年末に入り、日米欧の同時金融緩和の動きが出ています。今回はそのことを解説してまいります。
貴金属,相場関連

自分のやりたいこと探しブームと金投資

今回は、自分がやりたいことがわからないという悩みに対する答え、そして、それは金をはじめあらゆる投資、事業にも通じるという話をします。
貴金属,相場関連

令和時代、今後は何が起こるのか?

前回は、平成の30年間を振り返りながら、現在、日本経済復活のきざしが見えてきていることを説明しました。今回は、これを踏まえた上で、これからの令和の時代に起こると予測される社会や経済の変革、日本が抱えることになるであろう課題等について解説します。
貴金属,相場関連

イギリスの政治状況

旧民主党の連中が、マニュフェストだのアジェンダなどとわけのわからない用語を使うのは、民主主義の祖が世界的にイギリスだといわれているからです。そのイギリスにならい、わけのわからない政治用語を使っているのです。今回は、12月にひかえたイギリス総選挙のゆくえと、イギリスの政治状況の解説を行います。
貴金属,相場関連

議会二院制と金

今回は、イギリスのブレグジットで争点となっている議会の仕組みについて解説します。
貴金属,相場関連

ウクライナ問題とトランプ弾劾

アメリカではウクライナ疑惑をめぐって蜂の巣をつついたような騒ぎになっているため、その解説を行います。
タイトルとURLをコピーしました