TAG

リーマンショック

  • 2022-04-15
  • 2022-04-15

ロシアの次なる戦略と金相場を考えた

ウクライナ侵攻に関して、ロシアは戦略を着々と進めている状況です。 今回はこのロシアの戦略と金相場について考えます。 ロシアの次なる戦略とは? 以前に値段の約定に関して解説しました。 円安が進行するメカニズムと金価格決定のメカニズム 値段は、買い方と売 […]

  • 2022-03-26
  • 2022-03-26

ウクライナ情勢と原油高、金価格のゆくえ

日々暗い影を落とすウクライナ情勢に心を痛めている人は多いでしょう。 今後どうなるのかについて、原油高や金価格のゆくえを交えて説明します。 バイデン大統領、プーチンを「人殺し」と罵る 以下の記事にあるように、バイデン大統領がプーチンロシア大統領を「人殺 […]

  • 2022-03-24

ドル準備と金価格を左右する人民元の話

今の金価格は人民元に左右されていると当コラムで紹介しています。 一方でドルの使用率は年々低下。 そんな中、G7が発表したロシアの外貨準備凍結に対し、プーチン大統領は「こうも簡単に我々の財産が盗まれる」と表明しました。 この資産の凍結、ドル準備とはどう […]

  • 2022-02-04
  • 2022-02-04

習近平の目玉政策「共同富裕」と中国の爆買い

習近平政権の目玉政策「共同富裕」について、どういうものなのかわからないという方が多いでしょう。 最近になってはっきりしてきたので、これを解説するとともに金市場への影響も説明します。 毛沢東思想から改革開放、共同富裕への流れ 中国の創業者は毛沢東で、そ […]

  • 2022-01-20
  • 2022-01-20

インフレの背後に見える中国の爆買いとその原因

今、インフレが騒がれていますが、世間はその原因を見誤っています。 金融緩和による買い占めも一因ですが、主因は中国の爆買いによるものと考えられるのです。 今回は、その説明になります。 資源価格の推移と現状 下記のグラフはコモディティー・リサーチ・ビュー […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

岸田政権が短命に終わることが予想できるさまざまな理由【岸田政権:1】

菅前政権に続き、おそらく今回の岸田政権も短命に終わることになるでしょう。 今回は、その理由である岸田政権の賃上げ税制をはじめとする失策の数々と、それらによってもたらされる日本経済への打撃について解説します。 企業物価と消費者物価指数の関係と企業利益 […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

ヘリコプターマネーの本当の意味と金相場との関係

経済的な危機が訪れるたびに使われるヘリコプターマネーという言葉。 そもそもこの言葉の意味をきちんと理解している人は少なく、その効果について理解している人はさらに少ないのではないでしょうか。 今回は、このヘリコプターマネーと今後の金相場の展望についての […]

  • 2021-12-15
  • 2021-12-15

岸田政権の賃上げ政策の不合理性と金価格への影響

岸田政権が『新しい資本主義』とした寝ぼけた内閣施策の目玉として、お給料アップの政策を打ち出しました。 これは賃上げを行った企業に対して税制を優遇するというものです。 殆どコメントする気も起こらない政策なのと、この政権を選んだのが我々国民だというのが情 […]

  • 2021-11-26
  • 2021-11-26

膨れ上がる国家債務…中国の金投資ブームは終わるのか?

読者の方から「中国の債務が膨らんでいるが大丈夫なのか?」という内容の質問をいただきました。 確かに中国の債務は膨れ上がっていますが、それに対処する動きはさまざま出ています。 今回は、その対策についてと中国の金投資ブームの先行きについて解説してまいりま […]

  • 2021-11-23
  • 2021-11-23

急騰した金利は下がるのか?金価格への影響は?

11月3日にアメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)は、テーパリング(金融緩和の縮小)を決定しました。 表向きの理由はFRBの計画通りにアメリカ経済が回復しているからということになっていますが、実際のところはインフレ懸念から金利が急騰し […]