リーマンショック

貴金属,相場関連

日本経済復活の動きが見えてきている

今回は、昨今の日本経済の動きを観察すると、復活の動きが見えてきていることを解説していきます。
貴金属,相場関連

日米欧同時金融緩和

この年末に入り、日米欧の同時金融緩和の動きが出ています。今回はそのことを解説してまいります。
貴金属,相場関連

令和時代、今後は何が起こるのか?

前回は、平成の30年間を振り返りながら、現在、日本経済復活のきざしが見えてきていることを説明しました。今回は、これを踏まえた上で、これからの令和の時代に起こると予測される社会や経済の変革、日本が抱えることになるであろう課題等について解説します。
貴金属,相場関連

イギリスの政治状況

旧民主党の連中が、マニュフェストだのアジェンダなどとわけのわからない用語を使うのは、民主主義の祖が世界的にイギリスだといわれているからです。そのイギリスにならい、わけのわからない政治用語を使っているのです。今回は、12月にひかえたイギリス総選挙のゆくえと、イギリスの政治状況の解説を行います。
貴金属,相場関連

議会二院制と金

今回は、イギリスのブレグジットで争点となっている議会の仕組みについて解説します。
貴金属,相場関連

金利とGDPから金価格を読む

11月の資金需要の強い時期を過ぎ、アメリカ長期金利が低下する兆候が見られることから、金価格を推測していきます。
貴金属,相場関連

為替価格決定も金利によって今は決まっている!?

金の価格は現在、金利によって決定しているという説明を何度もさせていただいていますが、為替も同様に現在はほとんど金利によって決定されます。今回はその解説です。
貴金属,相場関連

過去10〜15年から見た金相場

今まで過去100年、過去30年(平成時代)の金利、金相場を見てきました。ここからは、ノーベル化学賞を受賞した吉野さんが明言した「過去10〜15年を見れば未来の需要は予測できる」を検証します。初回は、これから起こると予測される大変重要な問題です。
貴金属,相場関連

金利の高い国はつぶれる!?

トルコは2018年に金利が急騰し、つぶれるのではないかと言われた国ということを例に、現在では金利が安いことがより国が発展するということを説明していきます。
貴金属,相場関連

貿易量によって世界経済が不景気になるなんて真っ赤なウソ

世界の貿易量の推移 最近、アメリカの関税報復によって世界景気が低迷しているという言葉が標語にさえなってきています。 今回は、このことに関しての解説です。 上記は、1960年からの世界GDPに対する貿易の比率です。 ...
タイトルとURLをコピーしました