ブレグジット

貴金属,相場関連

年末年始の金相場の予測の仕方

年の瀬も押し迫ってきています。今回は、年末年始の金の動きに関して解説します。
貴金属,相場関連

未来を読む方法 -イギリス総選挙編-

イギリスの総選挙は、弊社の予測通りジョンソン首相の保守党が歴史的な勝利を収めました。ただし、これは選挙前からわかっていたことです。なぜ、ここまではっきり言えたのかを改めて説明します。
貴金属,相場関連

イギリスの政治状況

旧民主党の連中が、マニュフェストだのアジェンダなどとわけのわからない用語を使うのは、民主主義の祖が世界的にイギリスだといわれているからです。そのイギリスにならい、わけのわからない政治用語を使っているのです。今回は、12月にひかえたイギリス総選挙のゆくえと、イギリスの政治状況の解説を行います。
貴金属,相場関連

議会二院制と金

今回は、イギリスのブレグジットで争点となっている議会の仕組みについて解説します。
貴金属,相場関連

ウクライナ問題とトランプ弾劾

アメリカではウクライナ疑惑をめぐって蜂の巣をつついたような騒ぎになっているため、その解説を行います。
貴金属,相場関連

金利とGDPから金価格を読む

11月の資金需要の強い時期を過ぎ、アメリカ長期金利が低下する兆候が見られることから、金価格を推測していきます。
貴金属,相場関連

金が上昇するポイント

今回は今までの要約の要素がありますが、金が上昇するための条件について記していきます。
貴金属,相場関連

台風被害とマーケット

前回の主に千葉県を襲った異常な風の台風、今回の異常な降雨量の台風によってマーケットが受けた影響を解説していきます。
貴金属,相場関連

10〜12月期のマーケットの動き

世界の紛争問題 今回は、10〜12月期にマーケットがどのように動くのかの話をしていきます。 主にファンダメンタルズを中心とした解説です。 今年の前半から中盤にかけて大きな紛争がありました。 これらの問題がどう解決...
貴金属,相場関連

なぜ、地域の独立運動が起こるのか?

独立運動の主因は緊縮財政 今回はヨーロッパ地域で独立運動が起こる理由を考えていきます。 なお、今回の考察には香港や数年前に盛り上がったジャスミン革命などの新興国地域は含まれません。 主に先進国地域、例えばスペインのカタルーニャ...
タイトルとURLをコピーしました