TAG

テーパリング

  • 2022-02-05
  • 2022-02-07

知っていますか?実際のFRBの金融緩和の手法とタイミング、金相場への影響

今、金融緩和が縮小される方向に向かっています。 今回は実際に金融緩和が行われている時期をきちんと把握しておくと、より金価格予測の参考になるという説明です。 今回のコラムの注意点 マーケットの知識がない方に多いのですが、今回のように聞いたこともないよう […]

  • 2022-02-04
  • 2022-02-04

株式市場が下落したのに金は上昇!この不可解な動きにビットコインとブラックロックを考察してみた。

株式市場などのリスク資産市場は大きく下落していますが、金価格は上昇しています。 この動きは非常に不可解です。今回はこの解説を行います。 金価格の変動要因の動きを検証する 金の値動きの条件はいつもお伝えしているように、 【1】ドル 【2】金利 【3】G […]

  • 2022-01-15

2022年も金価格の焦点は金利になる可能性が大!

いろいろな金価格の予測が他媒体からも出ていますが、どれもこれも自由裁量の範囲が大きすぎ、なんとも言えないというのが実情ではないでしょうか。 当コラムでは、金利を中心に金の価格を解説してまいります。 金利の動向と金価格の関係性 金の価格を構成する3つの […]

  • 2021-12-29
  • 2021-12-29

2021年の金相場と世界経済を振り返る

世間ではお役所が12月28日で仕事納め、30日には東証が大納会、商品取引所も大納会となります。 年末ですので、今年1年の世界経済と金相場を振り返り、来る2022年の予測もしていきます。 金相場にとって2021年前半の最大のピークは1月 2021年前半 […]

  • 2021-12-27
  • 2021-12-27

金相場にも影響あり!テーパリングの意味を考える

12月16日に終了した年内最後のFOMC(連邦公開市場委員会)で、さらなるテーパリング(金融緩和の縮小)の加速が決定されました。 今回はこのテーパリングについて解説するとともに、金相場への影響についても考えます。 そもそも金融緩和とは? 2020年2 […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

岸田政権の政策で金相場はどのような影響を受けるのか?【岸田政権:2】

前回は、岸田首相の政策はまさしくその場しのぎがほとんどであることを説明しました。 今回はこの観点を踏まえた上で、ドル建て金価格と円建て金価格の展望について考えていきましょう。 金価格の週足チャートを確認 以下が岸田政権が短命に終わるであろうことを説明 […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

コロナ収束後に待っている経済の大不況と金

新型コロナウイルスはオミクロン株が日本では思ったほど猛威を振るわず、「ああ、よかった」と胸をなで下ろしている方は多いでしょう。 しかし経済は今までが好調すぎた分、もっと酷い状況になる可能性が高いように見受けられます。 今回はその理由を金との関係を交え […]

  • 2021-11-23
  • 2021-11-23

急騰した金利は下がるのか?金価格への影響は?

11月3日にアメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)は、テーパリング(金融緩和の縮小)を決定しました。 表向きの理由はFRBの計画通りにアメリカ経済が回復しているからということになっていますが、実際のところはインフレ懸念から金利が急騰し […]

  • 2021-11-18

キャリートレードの復活 | 金相場への応用は可能?

リーマンショック後に全盛になったキャリートレードという取引手法が復活の兆しを見せています。 今回は、その紹介と解説を行いたいと思います。 キャリートレードとは? キャリートレードを簡単に言えば、金利差を利用した取引です。 今の金利は高金利と低金利の二 […]