TAG

コロナショック

  • 2022-01-20
  • 2022-01-20

インフレの背後に見える中国の爆買いとその原因

今、インフレが騒がれていますが、世間はその原因を見誤っています。 金融緩和による買い占めも一因ですが、主因は中国の爆買いによるものと考えられるのです。 今回は、その説明になります。 資源価格の推移と現状 下記のグラフはコモディティー・リサーチ・ビュー […]

  • 2022-01-19
  • 2022-01-20

金相場にも影響あり!2022年の世界経済はどうなるのか

今回は、金価格相場に影響を与える2022年の世界経済の展望について考えていきます。 コロナショックから今に至る経緯 今年の経済を知るためには、過去の経緯を見なければわかりません。 まず2020年2月のコロナショック、株価の大急落によって、人間の社会と […]

  • 2021-12-27

実は超長期的には金は買いの理由

現在の状況は金融緩和の影響によって金利が大幅に低下したために、その揺り戻し、インフレが起こり金利の上昇局面となっています。 つまりこのインフレが一巡するまで金利は高いままであろうという、今までずっと金の弱気の話をしてきました。 ところが今回は、超長期 […]

  • 2021-12-27
  • 2021-12-27

金相場にも影響あり!テーパリングの意味を考える

12月16日に終了した年内最後のFOMC(連邦公開市場委員会)で、さらなるテーパリング(金融緩和の縮小)の加速が決定されました。 今回はこのテーパリングについて解説するとともに、金相場への影響についても考えます。 そもそも金融緩和とは? 2020年2 […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

岸田政権の政策で金相場はどのような影響を受けるのか?【岸田政権:2】

前回は、岸田首相の政策はまさしくその場しのぎがほとんどであることを説明しました。 今回はこの観点を踏まえた上で、ドル建て金価格と円建て金価格の展望について考えていきましょう。 金価格の週足チャートを確認 以下が岸田政権が短命に終わるであろうことを説明 […]

  • 2021-12-21
  • 2021-12-21

ヘリコプターマネーの本当の意味と金相場との関係

経済的な危機が訪れるたびに使われるヘリコプターマネーという言葉。 そもそもこの言葉の意味をきちんと理解している人は少なく、その効果について理解している人はさらに少ないのではないでしょうか。 今回は、このヘリコプターマネーと今後の金相場の展望についての […]

  • 2021-12-14
  • 2021-12-14

石油の次は食料!? インフレ進行はまだまだ続く

FRB(連邦準備理事会)のパウエル議長が「インフレ懸念は短期で収束する見込みが少なくなり、長期化する可能性が高い」とハト派からタカ派へ転じました。 中には、バイデン政権の中間選挙への配慮から無理にインフレ懸念があるという意見もあります。 今回はこのイ […]

  • 2021-12-07
  • 2021-12-07

【テクニカル分析】2021年年末に向けた金価格チャートに漂う不穏な空気

2021年も残り1ヵ月を切りました。 まだ振り返るのは早いかもしれませんが、この1年は世界や日本経済においてはできすぎの1年であったと言えます。 しかしそんな中、チャートには不穏な空気が流れているのです。 NYダウの日足チャートの推移 下記はNYダウ […]