TAG

アメリカ

  • 2021-06-22
  • 2021-06-22

台湾海峡を巡る米中の攻防が金相場に与える影響

4月に行われた日米首脳会談で、台湾海峡に関するコメントが約40年ぶりに明文化されました。 今回はその意義について解説するとともに、米中の対立が金相場に与える影響について考えます。 米中攻防の経緯 台湾をめぐる米中の攻防は、バイデン政権になってからスタ […]

  • 2021-06-12
  • 2021-06-12

米雇用統計の成り行きと金価格への影響

市場は、ドルが弱いままと見て株価や金などを強気しています。 しかし、果たして本当にそうなのかを考えていきたいと思います。 バイデン大統領「雇用統計は力強い」と発言 6月4日に発表された米雇用統計は、コンセンサス62万人に対して、結果は55万人と先月の […]

  • 2021-06-10
  • 2021-06-10

中国、そしてアメリカと金融緩和の縮小の波が続く

重要なイベントであった米雇用統計の発表も終了しました。 内容は、コンセンサスよりは強い状態でしたが、期待していた結果ではありません。 これを受けてドル安になり、金の価格も高くなりました。 そんな中、世界では金融緩和縮小の動きになっています。 金融緩和 […]

  • 2021-05-29
  • 2021-05-29

2021年5月下旬のマーケット状況と6月4・5日のG7財務相会合

今回は、現在の複雑怪奇なマーケットの状況をまとめて解説します。 ビットコインの下落前には必ず金が急騰する オバマ政権時代のクリーンエネルギーブームから、二酸化炭素を多く排出する原油を売り、天然ガスを買うというトレードが起こりました。 このほかにはバイ […]

  • 2021-05-20

日米株価下落の理由と金相場の展望

5月10日の連休明けからマーケットが荒れています。 SNS上などでは、根拠もなく勘や本能で皆が勝手なことを言っているようです。 投資を行う者にとって、これは非常に悪い考え方です。 このコラムではロジカルに、株価が下がった理由と金相場の展望を解説してい […]

  • 2021-05-20
  • 2021-05-20

5月7日の米雇用統計を受けて大波乱が来る!?

今回は、5月7日に発表されたアメリカの雇用統計を受けて、マーケットが大混乱になる可能性について説明していきます。 なぜ今のアメリカでは雇用が大事なのか 去る5月7日に米労働省から発表された雇用統計の非農業部門の新規雇用者数は、コンセンサス100万人に […]

  • 2021-05-08
  • 2021-05-08

金相場にとって超重要な5月7日発表の米雇用統計

今回は、アメリカ政府やFRB(米連邦準備理事会)の興味が雇用にあるという解説をしていきます。 今までも言及している内容ですが、重要なので改めての説明です。 フィリップス曲線に新たな論理が登場 フィリップス曲線は、ケインズ経済学の代名詞と言われる理論で […]

  • 2021-05-07
  • 2021-05-07

ドル高・金利高・GDP安!三大下落要因が金相場を襲う!?

今回は、金の価格構成要因【1】ドル、【2】金利、【3】GDP(国内総生産)がすべて金にとって下方向に行くという条件が出揃ったのでお知らせします。 5月は株を売って寝る!? 相場歴が長い人は、5月の連休明けに決まってマーケットが急落することに慣れている […]

  • 2021-05-07
  • 2021-05-07

アメリカの緩和縮小のゆくえと金価格の展開

今回は、昨今騒がれているアメリカのテーパリング、すなわち緩和の縮小についての解説です。 「え、金やほかの貴金属には関係がないのでは!?」と思われる方もいるでしょうが、大いに関係があります。 アメリカの雇用問題とテーパリング 今アメリカが目指しているこ […]

  • 2021-05-01

注目!アメリカ1〜3月期GDPの発表

今回は、なぜか全く注目されていないアメリカのGDP(国内総生産)について解説し、金の値動きを予測していきます。 5月の連休前に毎年注目されるある格言 「5月には株を売って寝ていなさい」という格言を聞いたことがある人はいますか。 なぜか5月には株価が下 […]