アメリカ

貴金属,相場関連

株価の将来がわかる方法

株価が予測通り下がっています。この予測は、以前に何度かお話しをしていると思います。金の場合、国の力と金利を見ていればだいたいわかると説明していますが、今回は株価の場合はどうやって予測するのかという話をしていきます。
貴金属,相場関連

日米欧同時金融緩和

この年末に入り、日米欧の同時金融緩和の動きが出ています。今回はそのことを解説してまいります。
貴金属,相場関連

令和時代、今後は何が起こるのか?

前回は、平成の30年間を振り返りながら、現在、日本経済復活のきざしが見えてきていることを説明しました。今回は、これを踏まえた上で、これからの令和の時代に起こると予測される社会や経済の変革、日本が抱えることになるであろう課題等について解説します。
貴金属,相場関連

なぜ金は金利が安いと高いのか?

今まで、金の価格は金利が安いと高く、金利が高いと安くなると解説してきました。皆さんの理解度はいかがでしょうか? では、いじわるな質問をしましょう。なぜ、金利が安いと金価格は高くなるのでしょうか?
ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!イギリス「ペトラ・ダイヤモンズ」

ペトラ・ダイヤモンズ社はアフリカを拠点とするダイヤモンド採掘企業です。カリナン鉱山などデビアスが所有していた大鉱山を引継ぎ現在では年間400万カラットの生産量を誇ります。この記事ではダイヤモンドメジャーの一角をなす「ペトラ・ダイヤモンズ社」についてご紹介します。
ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!カナダ「ドミニオン・ダイヤモンド」

「ドミニオン・ダイヤモンド」はカナダ最大規模を誇るデビアスやアルロサに続くダイヤモンド採掘企業。憧れの婚約指輪ブランドの筆頭ハリー・ウィンストンへダイヤモンドを提供。この記事ではカナディアン・ダイヤモンドの雄「ドミニオン・ダイヤモンド」についてご紹介します。
ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!イギリス「リオ・ティント」

リオ・ティント社は「アングロアメリカン」「BHPビリトン」と並ぶ世界三大資源メジャーのひとつ。希少性が高いピンクダイヤモンドが産出されることで有名なアーガイル鉱山の採掘権を所有。この記事では世界中の資源を「リオ・ティント社」についてご紹介します。
ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!イギリス「デビアス」

デビアス社は一時は世界のダイヤモンド市場の9割を独占!事実上「ダイヤの支配者」として君臨してきました。現在も1カラット以上の石ではトップシェア、さらに合成ダイヤ販売をスタート。この記事ではダイヤモンド市場をリードする「デビアス社」についてご紹介します。
ダイヤモンド関連

ダイヤモンド採掘企業TOP5徹底解剖!ロシア「アルロサ」

アルロサ社はロシアが誇るサハ共和国(ヤクート)を拠点とする世界最大シェアを誇るダイヤモンド採掘会社です。アーガイル鉱山に代わるピンクダイヤ供給源としても有望視されています。この記事ではデビアスと並ぶ巨大ダイヤモンド企業「アルロサ社」についてご紹介します。
ダイヤモンド関連

ダイヤモンドは誰の手で採掘される?世界のダイヤ独占企業TOP5

世界のダイヤモンド生産のほぼ7割はダイヤモンド採掘企業上位5社が独占!それぞれのダイヤモンド採掘企業には採掘権を持つ鉱山の特徴、そして国情や開業までの歴史によって特色があります。今回はこれらダイヤモンドメジャー、そしてダイヤモンド採掘事情についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました