DAY

2021年12月27日

  • 2021-12-27

実は超長期的には金は買いの理由

現在の状況は金融緩和の影響によって金利が大幅に低下したために、その揺り戻し、インフレが起こり金利の上昇局面となっています。 つまりこのインフレが一巡するまで金利は高いままであろうという、今までずっと金の弱気の話をしてきました。 ところが今回は、超長期 […]

  • 2021-12-27
  • 2021-12-27

金相場にも影響あり!テーパリングの意味を考える

12月16日に終了した年内最後のFOMC(連邦公開市場委員会)で、さらなるテーパリング(金融緩和の縮小)の加速が決定されました。 今回はこのテーパリングについて解説するとともに、金相場への影響についても考えます。 そもそも金融緩和とは? 2020年2 […]