【米大統領選2020】混乱からのドル安が株高の要因

なぜ株価が新値を更新するのかを考えていく場合、株価を動かす要因【1】ドル、【2】金利、【2】GDPの考察が必要になります。

このうち金利は上昇から下落に転じ、再び上昇。GDPは各種経済統計が好調であることから、原因はドルにあると考えることができます。

今回は、このことについての解説と今後の展望です。

アメリカの実効為替レート

以下は2019年1月から2020年11月9日までのアメリカ実効為替レートです。

大統領選挙の週末であるハロウィン前の10月29日にドルが高値を迎え、そこから選挙を巡る混乱が起こりました。

11月4日からの開票では序盤はトランプ有利、6日にはバイデン有利になり、9日にバイデン候補がほぼ勝利を確実にした時にドルは安値をつけています。

なお、11月9日は上記グラフの一番右端です。

ドルインデックスとダウジョーンズ

次にドルインデックス(青線、右軸)とダウジョーンズ(緑線、左軸)を対比してみましょう。

参照元:TRADING ECONOMICS

10月29日に緑の株価は安値を付けましたが、青のドルインデックスは29〜30日にかけて急騰し、11月2日に二番天井を取り、その後に急落になりました。

株価が上昇した29〜30日にかけて、ドル実効為替レートは急落したままになります。

ドルインデックスとは、そもそもドルの取引量が多いユーロを40%加重平均に置き、一般的にはユーロドルの相場と一緒です。

この間にラガルドECB(ヨーロッパ中央銀行)総裁が「緩和をすぐに行う準備がある」などと発言していますので、相対的にドルが上昇してしまったのでしょう。

実際のドルの価格は一方的に下がっていたと言えます。

ただし、ドル実効為替レートは11月9日までしか発表されていませんので、そのあとはユーロドルやドルインデックスで想像していくほかありません。

ドルインデックスの動向

以下はドルインデックスの推移です。

参照元:TRADING ECONOMICS

ドルインデックスは11月9日に底を打ってから上昇し、週末の12日、13日に下がってきています。

ところが株価は新値を窺うような姿勢です。

ということは、実効為替レートがさらに下落をしていることになります。

金利の動き

【2】の要因である金利の動きを見てみましょう。

参照元:TRADING ECONOMICS

金利は11月10日に高値をつけて下落し、その週末には再び騰勢を強めているような気がします。

今後のドルの展開

今後の展開のカギはドルの動きが握る

ここまでは過去に起こった事実を端的に書いてきました。

これらの事実を考えていくと、株価が新値近くになっているほとんどの要因が「ドル安」になると考えられます。

株高や円高の犯人がほぼ特定できたのであれば、ドルの動向が今後のカギです。

事実として大統領選挙前にドルは高値を出し切り、その後急落しました。

市場は予想を覆したトランプ優勢にてドル安が加速し、11月9日〜10日には底を目先打ったように見えます。

つまり、選挙戦の結果を横にらみにして動いていることがわかるのです。

今後の大統領選挙のゆくえ

すでに続々と閣僚候補を発表しているバイデン次期大統領

今後の大統領選挙のゆくえですが、ご存じのようにトランプ大統領が法廷闘争に持ち込むと宣言しています。

民主主義における勝利はバイデン候補ですが、そこに不正があったと主張しているのです。

状況証拠は限りなくトランプ大統領の主張が正しいとは思いますが、その根拠となる客観的な、誰もが納得できる証拠をトランプ陣営が提示できていません。

法廷戦術の一環なのか、それとも本当に証拠がないのか、メディアは弁護士団が辞める、メラニア婦人の説得などトランプ不利な情報を振りまいていますが、中立的に見た場合、これらの情報の真偽の判断がつきません。

言えることは、メディアはトランプ大統領に対して不利な情報しか流しておらず、公平中立の立場を守っていないような気がするということです。

トランプの腹の中とドルの立ち位置

トランプ大統領はファイザーが治験結果の発表をわざと遅らせたと主張したが…

選挙が正当なものであるという評価が確定すればバイデン勝利は間違いないのですが、トランプ大統領の腹の内は読めません。

ゴルフをしたり弱気なコメントを出したりと、何が本音なのかさっぱりわからないのが正直なところ。

弱気のコメントとはファイザーの新薬開発に関するコメント、読んだ瞬間に愚痴のように感じられたのではないでしょうか。

どちらにしても12月14日の選挙人投票も現状のままではできない可能性もあり、下手をすれば2021年1月の下院投票決議までズレ込む可能性もあります。

こういう状況ですから、ドルの立ち位置は安定しないと見るのが通常です。

テクニカル面では?

テクニカル分析をしてみると…

テクニカル面では目先の底を打ったと思いますが、アメリカ10年債価格チャートを見ると、二番底をこれから取りに来る可能性を否定できません。

相対的なドルインデックスと絶対的なドル10年債価格チャート、どちらに信用性があるかといえば圧倒的にドル債価格チャートになります。

一般ではそのようなチャートはあまり配信しておらず、金利チャートだけのところがほとんどです。

ただ、ドルは押し目の可能性もあります。

すべてはトランプの出方次第

どう考えてもトランプ大統領がこのまま引き下がるようには見えない…

ただ状況はトランプ大統領が選挙結果に対して、どのような行動を取るかに絞られていると思います。

素直に敗北を認めればドルは上昇、すなわち株価は下落、ドル円は円安になるでしょう。

しかし、唯一まともなポンペオ国務長官でさえもトランプ2期目を発言していますので、多分認めず、かと言って法廷闘争は証拠がないので負ける可能性が高い。

となるとこのゴタゴタは来年まで続くのではないでしょうか。

トランプ大統領は4年前、泡沫候補だったのが大統領になった人だという点を忘れている人が多すぎます。

今回も劣勢確実な状態をどうやって跳ね返すのか、トランプ劇場が楽しみでます。

もちろん、バイデン大統領にさっさと決まってしまえばマーケットは安定します。

理由は、意味もなくドルが売られることがなくなりますから。

いずれにしてもトランプ大統領の動向に注目であり、法廷闘争を行うと宣言すればさらにドルは売られることになるでしょう。

法廷闘争のポイントとマーケットのポイント

法廷闘争のポイントは証拠、マーケットのポイントはドルの方向性

この法廷闘争のポイントは証拠です。

現状の雰囲気では証拠なく来年まで引っ張るというのがメインストーリーになるのではないでしょうか。

マーケットのポイントはドルの方向性です。

その証拠に供給過剰の原油が高くなっています。

これはドル安から派生しているものです。

ドルが安すぎるからリラドルが下落しています。

トルコの暴落もひどかったですが、今回のドルの暴落もひどいものです。

この記事のまとめ

今回の記事では、株価を動かす要素である金利は上昇から下落に転じ再び上昇、GDPは各種経済統計が好調であることから、原因はドル安にあると考えられる。

そのドルの動向は、大統領選挙およびその後のゴタゴタと密接に関係していることから、トランプ大統領の出方次第。

バイデン大統領にさっさと決まってしまえばドル上昇の株価下落の円安。

法廷闘争に突入すればさらに売られることになり、いずれにしてもマーケットへの影響がある。

こういう内容の記事でした。