MONTH

2020年2月

  • 2020-02-25
  • 2020-03-16

中国がくしゃみをすれば日本はかぜを引く|中国経済についての考察

中国の現状 今回のタイトルは、昔言われた「アメリカがくしゃみをすれば、日本はかぜを引く」という言葉を文字ったものです。 今の日本の最大の貿易相手国は中国ですが、大昔はアメリカでした。 現状、中国が新型コロナウイルスというかぜをひけば、日本経済は肺炎に […]

  • 2020-02-25
  • 2020-03-16

金の買取価格が6,000円の最高値を更新

金最高値更新の背景 金の円建てが2月18日に新値を更新、2月19日にはドル建ても更新をしました。 ↓2020年2月25日時点の弊社買取相場表です。 今回はその解説を行ってまいります。 ほとんどのメディアは、アップルの生産性低下などによって株価が下がる […]

  • 2020-02-25
  • 2020-03-16

最低賃金を引き上げることのデメリット|有能な社員が損をする!?

最低賃金の意味 いきなり過激なタイトルですが、世の中には最低賃金制度というものが存在していると認識をしている人は多いでしょう。 しかし、この制度は自由で豊かな生活を謳歌するためには不要な制度です。 その詳細を解説していきましょう。 東京であれば現在、 […]

  • 2020-02-21

飛び恥への政策提言

移動の自由が今日の発展と豊かさをもたらした 17歳の少女が地球温暖化に危機感を募らせ、政治家を糾弾しています。 これに対してアメリカの政治家は、軒並み彼女に批判を浴びせています。 どっちもどっちですが、弊社はトランプ大統領やムニューシン財務長官の肩を […]

  • 2020-02-16
  • 2020-03-16

新型コロナウイルスによる日本の被害はどのくらいか?|中国人観光客減少問題

2019年の訪日外国人数 新型コロナウイルスがパニックを起こしているような気配です。 京都市民が使う市バス路線は日中にもかかわらずガラガラ、四条河原町(京都の繁華街)は中国系の東南アジア人がマスクもせずに中国語が飛び交い、日本人の姿はほとんど店員のみ […]

  • 2020-02-14
  • 2020-03-16

新型コロナウイルスでも金が下がらない理由

金の価格決定要因 新型コロナウイルスによってリスク回避が起こり、結果として金の価格が下がるというのが当サイトの説明でした。 ところがその傾向が待てど暮らせど一切来ない…。 今回はその理由と、今後の展望を説明していきます。 金の価格決定要因は、 ① 基 […]

  • 2020-02-14

学校教育制度のあり方の提言|温暖化防止「飛び恥」から考える自由の在り方について

政治の失敗を温暖化のせいにする愚行 正直にいえば、今の若い人の日本語読解能力には耳を疑うばかりと言っても過言ではないと考えています。 先日、ノーベル平和賞受賞候補のスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥーンベリさんが「飛び恥(温暖化対策で飛行機に乗ら […]

  • 2020-02-05
  • 2020-03-16

リスク回避の円高の原因は?本当の理由を解説!

弊社コラムの解説通りに事態は展開 中国での新型コロナウィルス騒動は、今まで当コラムが解説してきた通りに推移しています。 関連記事:中国での新型コロナウィルス蔓延について 2月3日から中国市場が再開しましたが、おおよそ大急落からスタートするという見方が […]