北朝鮮による拉致被害者は帰ってくるのか!?

貴金属,相場関連

福島産農・水産物と韓国

今回は北朝鮮による拉致被害者が帰ってくることを望んでいる家族の皆さんの心境について考えていきます。

一番申し上げたいことは、日本政府が朝鮮半島、つまり韓国と北朝鮮に偏見のレッテル貼りをしている事実です。

これを理解しないと朝鮮半島に対する誤解を生んだままになり、良い結果など得られません。

その結果が、拉致被害者の帰国を阻んでいることを理解すべきでしょう。

韓国は福島周辺の海産物、農産物の輸入を拒否している

韓国が福島周辺の海産物、農産物の輸入を拒否している事実を小耳にはさんでいる読者は多いでしょう。

確かに、関西のほうでは福島の農・海産物を買わない主婦は非常にい多いですし、東京でもそういった方が散見されます。

しかし、この人たちを非道だと責めることはできません。

なぜなら、日本政府や福島県の人たちが放射線検査をして安全だと宣言しても、覆せない事実があるのです。

日本政府は、韓国や台湾が福島周辺の農・水産物を輸入しないことに対して、WTOに提訴しましたが日本が全面敗訴しました。

昨今、福島の原発汚染水を海上に放出することに韓国は猛反発していますが、背景には、WTOでの日本の敗訴があることは間違いありません。

韓国の主張はもっとも?

スイスのジュネーブにあるWTOの本部

韓国政府は、福島周辺の農産・海産物の輸入を拒否する理由として、安全基準に問題があることを主張しています。

そして、日本がWTOに提訴して、韓国ではなく日本が敗訴しているのです。

この事実から読み取れるのは、日本政府の主張する福島周辺で採れる海産・農産物の安全性には問題がないということは、ウソっぱちということが言えます。

この論拠を崩すためには、WTOはちっとも安全、公平ではなく、韓国の賄賂などによって決定を覆すような機関だから、日本政府にとって都合の悪い決定を下すようなことをする機関ということを証明するほかありません。

でも、日本政府は実際にそれを行いません。

それどころか、韓国との問題が生じるたびにWTOや国際仲介裁判所などへの提訴をチラつかせます。

つまり、日本政府自身がそういった機関が公平中立の立場を担保していると証明しているようなものです。

つまり、福島周辺の海産・農産物は、韓国が言うように健康を阻害する恐れのあるものなのか、それとも日本政府が言うように安全なものなのか、あなたはどう判断するかの問題なのです。

朝鮮半島へのレッテル張り

韓国と言えば、もはや「ウソつき」という言葉以外見当たらない?

韓国の官僚は、日本が徴用工問題に対して、一切関知しないと答えることがわからないほど間抜けではありません。

日本にそういう要求をしても取り合わないことをよく承知しています。

でも、韓国は「なんとかしろ」と要求します。

ここまで事態が悪化しても韓国の要求は変わらず、そして日本政府やメディアはレッテル貼りを行います。

何か、WTO提訴のように私たちに知らされていない事実があるのではないかと勘繰りたくなるのが当然です。

朝鮮半島では儒教が一番

北朝鮮建国の父である金日成の肖像

以前にも触れたように、韓国と北朝鮮は、法令や政府の命令よりも儒教の教えが非常に大事な国です。

親孝行しない政治家は、たとえ北朝鮮のような独裁国家であっても信用を失うことになります。

北朝鮮で金日成主席は建国の「父」なのですから、生前の発言は絶対です。

現指導者の父親である金正日の言葉も絶対です。

金正日の業績の主な業績に「人工衛星ロケット発射」「核開発」があります。

朝鮮半島では親がやった業績を子が否定することはあり得ません。

アメリカや中国、日本などの超大国がいくら「核開発をやめろ」と圧力をかけても、ロケットの発射実験もやめないと以前解説しました。

ですから、現在行われている米朝交渉がまとまることなどないと判断しています。

北朝鮮の拉致被害者帰還問題

金王朝の2代目にして現指導者の金正恩の父である金正日

実際に北朝鮮の金正日に対して侮辱するような言葉ばかり並べ、「核廃棄せよ、ミサイル発射をやめよ」と言っても北朝鮮の国家宗教である儒教の教えなのですから、絶対に要求通りにするわけがありません。

交渉の仕方を変えないと、まとまる道理がないのです。

ちなみに、このことに関して、金正日には重要な発言があります。

それは、北朝鮮は拉致した事実を認めて謝罪していることです。

ただし、拉致被害者を帰還させるとは約束していません。

日本人の思っていることは大きな勘違いだということが理解できましたか?

拉致を認め、謝罪したのですから、被害者を解放するのは当然と考えるのは日本人の勝手で、金正日はあくまでも事実を認めただけで、帰還など約束していないのです。

ウソに厳しい朝鮮半島

2016年に繰り広げられた反朴槿恵大統領(当時)デモ

日本人からすれば、拉致を認めたのであれば帰還も当然です。

しかし、北朝鮮からすれば、拉致を認めたけど帰還は約束していないのだから、現在の状態が正常という認識は想像に難くないでしょう。

そもそも、儒教の国では親孝行も大事ですが、ウソをつかないことも大変重要です。

韓国や北朝鮮で主な政権幹部や大統領、主席がウソをついた場合、間違いなく政変になるでしょう。

つまり、公式の場でウソをつくことはあり得ません。

韓国の前政権もおそらく、ウソを述べたということが政権転覆の最大の理由になると言えますし、現在の法相も韓国民がウソをついたと認定すれば大規模なデモなどが起こり、政権は機能マヒに陥ることでしょう。

朝鮮半島は、ウソに対してそれくらい厳しいのです。

朝鮮人は本当にウソつき?

対立の度を高める日韓

日本でなぜ、朝鮮人はウソつきというイメージが定着したのでしょうか。

現在の政府、安倍首相を筆頭に「韓国は約束したことを守らない」と暗にウソつきと非難しています。

こんなことを言えば、韓国や北朝鮮の国民のアイデンティティを否定し、関係改善など夢のまた夢になるでしょう。

事実、徴用工の問題が落ち着き、双方が冷静になりつつあるのに一切進展しません。

朝鮮人はウソつきなんて暗に言っていたら、友好関係を築こうにも築けないでしょう。

この朝鮮半島の人はウソつきというのは、きちんとした証拠があるから、こういうイメージが日本で定着しているのです。

北朝鮮は本当に変なのか?

米朝の首脳は互いに対して高評価を下している

国の世論を左右している人たちがこういう認識であれば、私たちの認識もどうなるか。

つまり、安倍首相が「韓国が約束を守らない」と言うことに納得する日本人がほとんどなのは理解できます。

しかし、外交官などに話を聞くと、日本にいる朝鮮総連の人はヒドいけど、外交の世界では北朝鮮の高官は決してウソをつかないし、守れることしか約束しない高潔な人が多いというのが一般的な評価です。

金正日に接する人たちは本当に限られていましたが、実際の人となりを聞くと、早口で言葉は聞き取りにくいが言っていることは非常に聡明で、一を言えば百を理解するほどの秀才であるということです。

これは、トランプ大統領が金正恩を「彼は非常に聡明だ」と評価したように、独裁者というイメージで接すると、心象が180度変わることを証明していると言えます。

かつてブッシュ大統領が「ならずもの国家」といい、日本の首相も非難していますが、周辺の評価を聞くと、それほど変な人たちではないということです。

拉致家族の言い分

拉致被害者を救う会の集会

最高指導者のお父様が拉致を認めたのだから、きちんと交渉すれば被害者は帰ってくると期待するのは当然でしょう。

なぜなら、北朝鮮ではお父様の言ったことは絶対であり、その事実を認めれば、交渉次第では帰ってくると考えるのが当然です。

そして、現状でも返還されていないという事実は、日本政府の交渉が下手すぎるという認識なのでしょう。

北朝鮮は「帰還させる」とは言ってはいませんので、将軍様が認めたという事実は、将来にわたって返還しても、父親を裏切ったことになりません。

つまり、北朝鮮との交渉に日本政府が下手を打っているだけです。

日本政府の交渉ベタが原因?

拉致問題の解決へ向けて苦難の道が続く安倍首相

数年前に、遺骨の返還というものがありましたが、日本政府はDNA鑑定の結果、別人のものだと発表しました。

この鑑定にはさまざまな疑惑があり、もし北朝鮮がこの遺骨が正しいものと判断して渡していた場合、日本政府の返答は裏切りとしか感じないでしょう。

この辺から、北朝鮮はウソつきというレッテルが貼られたと思いますが、なぜDNA鑑定に瑕疵があったにもかかわらず、その事実を一切隠して北朝鮮を非難するのかが理解できません。

もちろん、政府関係者は日本人の安全を担保するために懸命にやっていると思いますし、その努力は称賛に価するでしょう。

でも、結果から見れば、失敗しているのが現実です。

そして、WTOの敗訴を考えない日本人があまりにも多すぎます。

繰り返しますが、福島の食品を私は5年以上食べていても一切の健康被害はありませんので、何の問題もないという認識ですが、世界的に見ると決してそうではないという事実を持つべきということです。

この鑑定にはさまざまな疑惑があり、もし北朝鮮がこの遺骨が正しいものと判断して渡していた場合、日本政府の返答は裏切りとしか感じないでしょう。

この辺から、北朝鮮はウソつきというレッテルが貼られたと思いますが、なぜDNA鑑定に瑕疵があったにもかかわらず、その事実を一切隠して北朝鮮を非難するのかは理解できません。

つまり、拉致被害者の帰還や韓国の問題は、日本政府の交渉下手が原因であると思うこともできます。

もちろん、政府関係者は日本人の安全を担保するために懸命にやっていると思いますし、その努力は称賛に価するでしょう。

でも、結果から見れば、失敗しているのが現実です。

WTOの敗訴について、今一度考える必要があるのではないでしょうか。

コメント

▼各種査定方法▼

タイトルとURLをコピーしました