This is a column of Refasta.

スカヴィア/SCAVIA

プレシャスストーンをアートに!大胆で斬新なスカヴィアジュエリー

※写真はイメージです

イタリア・ミラノの数あるジュエラーの中でも「スカヴィア/SCAVIA」は際立ってアーティスティック!その大胆で個性的なデザインに思わず目を引きつけつけられてしまうブランドです。

スカヴィアのジュエリーは、他にはない斬新なストーンセッティング、そして一瞬つけ方を迷うほど個性あふれるフォルムが特徴となっています。

日本国内においてはデパート外商担当ジュエラーであり、ハイジュエリー展示会「創美展」を主宰することで知られるナガホリが代理店となっているため、宝石好きの女性たちのあいだでは知る人ぞ知るブランドとして知られています。

この記事ではスカヴィアのジュエリーの魅力を中心にご紹介します。

スカヴィアブランドヒストリー


インパクトのあるデザインのジュエリーで知られる「スカヴィアSCAVIA」は1911年イタリア・ミラノで誕生したジュエリーブランドです。

創業者の「ドメニコ・スカヴィア」の小さなジュエリー工房は、娘のサラ、そして現在スカヴィアを率いる「フルヴィオ・マリア・スカヴィア」によって大きな飛躍を遂げました。

数あるイタリアのジュエリーブランドの中でも、世界中のバイヤーから注目される名門ブランドとしての地位を築き上げました。

三代目フルヴィオはまだ10代の頃からその才能をうたわれ、1969年にはデビアス社主催のコンクールにて1位、2位、3位を独占受賞する快挙を成し遂げました。

スカヴィアジュエリーの魅力

※写真はイメージです

フルヴィオが創り出すジュエリーは一目でスカヴィアのものと分かる、他とは一線を画した立体的かつ極度に洗練されたデザインにあります。

それでいて祖父ドメニコ譲りのイタリアンジュエリーの伝統技法を駆使し、絶妙のバランスでモダンとクラシックが共存しているところが他ブランドにはない魅力になっています。

またイギリス宝石学会メンバーであり宝石鑑定士の資格を持つ彼は世界中を飛び回り、石の仕入れを自ら行っています。

パライバトルマリン、カシミールサファイヤ、由緒あるアンティークジュエリーを飾っていたダイヤモンドなどジュエリーコレクター垂涎の宝石コレクションはスカヴィアの宝です。

Instagramの「@scavia_official」のアカウントのページには、レアストーンが並び目もくらむばかり。

世界各国のセレブリティが顧客リストに名を連ねているというのもうなずけます。

日本では百貨店外商向けのハイジュエリーブランド「ナディア」で知られるナガホリが国内代理店となっています。

スカヴィアジュエリーコレクション

スカヴィアには現在のところオンラインショップはなく、雑誌などのメディアで一部のジュエリーを見ることができるだけです。

しかも展示会に出品されているジュエリーは、デザイン盗用を懸念し来場者に接写することを禁じています。

そのためスカヴィアのジュエリーを見たいと願うなら実店舗に足を運ぶ必要がありました。

しかし最近ではSNSや自社サイトでジュエリー紹介ページが用意されるようになりました。

ここでは代表的なコレクションを一部ご紹介します。

■アメイジング

スカヴィアには多くのラグジュアリーコレクション、そしてセカンドラインに位置する手頃な価格の(あくまでスカヴィアにしては)コレクションの二つがあります。

セカンドラインのアイコン的存在が「Amazing アメイジング」コレクションです。

スカヴィア独特の立体的かつモダンなデザインを働く女性たちにもつけこなしや水曜アレンジしたデザインが揃います。

■スカヴィアクラッシック

スカヴィアの名を世界に広めた名ジュエリー「SANDRA」に代表されるコレクションが「スカヴィアクラシック」です。

「SANDRA」はダイヤモンドとプラチナの白い輝きが美しいらせん状のイヤリングで、1988年ジュエリー界のオスカーと呼ばれたコンクール「D.I.A.(Diamonds International) 」で異なる二つのデザインでダブル受賞しました。

■エクセレンス

これぞスカヴィアワールドともいうべき、世界のセレブリティを虜にしているハイエンドラインが「エクセレンス」コレクションです。

創造性あふれるデザイン、祖父ドメニコの頃からスカヴィアに家族代々務める職人、世界中から集められる希少な石、エクセレンスコレクションはスカヴィアのジュエリーに対する思いの結晶といえる存在なのです。

■ブライダル

スカヴィアではエンゲージリングやマリッジリング、エタニティリングなど、ウエディングに選びたいジュエリーも多く用意されています。

ハート型の大粒ダイヤモンドをセンターストーンに据え、同じくハート型のアームで挟んだ「アマンプリ」他一味違うリングが揃います。

スカヴィアのジュエリーを手に入れられる場所


2018年末現在スカヴィアの直営店が東京・帝国ホテルアーケードのインペリアルプラザ2Fに直営店があります。

宝飾商社ナガホリの旗艦店であるギンザシックス内にある「メンゾ・ド・ナディア」、小田急百貨店、そごう、大丸など、全国デパート宝飾品サロンでも取り扱いがあります。

■ 公式サイト:https://www.scavia.it(日本語サイトあり)
■ ナガホリ公式サイト(スカヴィア):http://www.nagahori.co.jp/brand/scavia

造形の妙に酔う!モダンイタリアンジュエリーの頂点スカヴィア


複雑なフォルム、大胆な石使いのジュエリーでありながら決して「派手」「華美」という印象を与えない所がスカヴィアの魅力です。

モダンで建築的なスカヴィアのジュエリーは、強いインパクトを与えるだけでなく上質のアートを身に着けているような満足感を与えてくれます。

ラグジュアリーラインはどれも100万円台からと高根の花ではありますが、いつかは手に入れてみたいブランドです。

イシス

アジア、中近東を中心に世界を駆け巡るアンティーク&ジュエリーバイヤー。買付のたびに現地宝石業者のコネクションを得て、今では本業の傍ら国内外のジュエリーデザイナーに素材提供するまでに。ジュエリートレンド、各国の宝石採掘情報、グランサンクのアンティークジュエリーが得意分野。

関連記事

  1. ジェムケリー[GemCEREY]

  2. ジェームスアレン[james allen]

  3. アヴァロン/Avaron

  4. メゾンジュエル/MAISON JEWELL

  5. パラジュエリー/PALA Jewelry

  6. ルヴァン/LE VIAN

  7. メザンジュ by 銀座リム/Mesange by Ginza Rim

  8. [4/5]ブレスレットが欲しい! 本格的なジュエリーとしての一本を選ぶなら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カレンダー【Month Calendar】

2018年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

▼当コラム運営サイト▼

PAGE TOP