This is a column of Refasta.

ジェームスアレン[james allen]

米国最大のジュエリーECサイト「ジェームスアレン」

※こちらはイメージです

マウスを数回クリックするだけで、数十万個のダイヤモンドから理想のリングが手に入る!

 

そんな夢のようなショッピングを可能にしてくれるのが「ジェームスアレン[james allen]」のオンラインサイトです。

ダイヤモンド集積地イスラエルに太いパイプを持ち、ティファニーなど一流ブランドへのダイヤモンド供給を手掛けてきました。

現在は世界最高のECマーケティング技術を兼ね備えたジェームスアレンのサイトでは、驚くほどのハイクオリティジュエリーを自宅にいながら手に入れることができるのです。

この記事ではジュエリーのオンラインマーケット事情、そしてジェームスアレンがどのような特色を持つのかをご紹介させていただきます。

「ジェームスアレン」とはどんなブランド?

※こちらはイメージです

私たち日本人にとってダイヤモンドと聞くと、まず最初に思い浮かぶのはエンゲージリングです。

それは海の向こうのアメリカもまたしかり。

エンゲージリングで一番人気がある石はやはりダイヤモンドになり、日本よりも数段大きなカラット数のリングを購入することが普通です。

そして、国土の広さが影響してオンラインショッピングが日本以上に普及しているアメリカでは、婚約指輪や結婚指輪を含むジュエリーもインターネットを利用して購入する人たちが多くいます。

彼らがダイヤモンドを購入するサイトこそ、アメリカ最大手のダイヤモンドオンライン販売「ジェームスアレン」です。

エンゲージリング探しに失望した経験がブランド立ち上げのきっかけ

 

ジェームスアレンを立ち上げたのは、ジェームスとミシェルのアレン夫妻。

彼らがジェームスアレンを立ち上げたきっかけとなったのが、自分たちのエンゲージリングを探したときに、欲しいと思える指輪になかなか巡り合えなかったことでした。

夫妻は、自分たちと同じ不満を持つカップルは多いはずだと考え、インターネットが登場して間もない1998年にジェームスアレンをスタートさせました。

10年足らずで米国ジュエリーECサイトの最大手に成長

 

彼らの予想は的中し、瞬く間にジェームスアレンは人気オンラインジュエリーサイトとして定着しました。

そしてさらに高品質のダイヤモンドを扱うために、イスラエルにバッグボーンを持ち、ティファニーとも提携した研磨業者ほか強力なブレインを迎え、2006年に一大ジュエリーECサイト「R2Net」を立ち上げました。

こうしてジェームスアレンは、アメリカ国内最大手のダイヤモンドオンライン販売サイトにまで成長を遂げました。

「ジェームスアレン」のダイヤモンドビジネスが成功した理由

 

※こちらはイメージです

日常生活でオンラインショッピングが欠かせないものとなった今、普通人々は商品を購入するとき、より安いもの、より品質の良いものを比較しながら選択します。

特に高額なショッピングの場合、十分なリサーチを行ってから決断します。

しかし、一般の人々にとって購入する機会が極端に少ないダイヤモンドは、ジュエリーショップの限られた商品の中から、知識がないままに店員がすすめるものを購入するしかありませんでした。

オンラインショッピングで無数のアイテムを比較することに慣れた人々にとって、違和感が生じるのは当然といえるでしょう。

ここではジェームスアレンのダイヤモンドビジネスの成功の理由をまとめてみました。

成功の理由 その1「人々に選択肢を与えたこと」

ジェームスアレンやブルーナイルなどファインジュエリーを扱うオンラインサイトがなかった時代、人々はジュエリーショップやコストコなど大手スーパーのダイヤモンドの大きなコーナーでエンゲージリングを選んでいました。

ひきかえジェームスアレンではダイヤモンドの石だけで200,000以上の数があり、デザインやカットを選べばバリエーションは無数

自分だけのエンゲージリングが手に入ることは大きな満足感を与えました。

成功の理由 その2「人々に価値を教えたこと」

ジェームスアレンが成功した理由は、リアルショップよりも品質の良いダイヤモンドを低価格で購入することができる、というシンプルなもの。

しかし、ジュエリーを手に入れるということはとても高価な買い物です。

オンラインサイトの画面でいくら美しく見えるリングでも、実際にはめてみたときの輝きがイメージを裏切るものであったらという不安を捨てきれない人は少なくありません。

そこでジェームスアレンでは、世界各国の名だたるジュエラーが注目するほどの高い精度を誇る精細ズーム映像システムを提供しています。

ジェームスアレンのサイトでは、すべてのダイヤモンドを含む宝石を、自分がセレクトしたリングイメージのシミュレーション画像を360度方向からチェックすることが可能となっています。

そして40倍のスーパーズームで拡大した画像を確認することも可能です。

成功の理由 その3「人々に保証を与えたこと」

 

ジェームスアレンで購入したジュエリーは、ダイヤモンド含めすべて、GIA、AGS、IGIの鑑定機関の鑑定書が付属します。

ジェームスアレンのサイトでは、これらの鑑定書の記載内容も確認することができます。

成功の理由 その4「人々に安心を与えたこと」

 

そして、ジェームスアレンでは常駐する専門家によるリアルタイムダイヤモンド検査サービスを含む24時間年中無休のカスタマーサービスを受けることができるうえ、30日以内であれば100%返金保証されることも魅力です。

かつ世界中どこでも無料で発送されること、生涯メンテナンス保証が約束されていることも、ジェームスアレンが支持される大きな理由となっています。

「ジェームスアレン」と「ブルーナイル」の違いは画像比較技術にあった!

 


現在アメリカ本国でダイヤモンドが買えるECサイトのツートップは、今回ご紹介する「ジェームスアレン」、そしてもう一方が「ブルーナイル」です。

同じWEB環境でのオンラインマーケットを戦場として、しのぎを削るこの2大サイトにはどのような違いがあるのでしょうか?

ジェームスアレンとブルーナイルの共通点

ブルーナイルとジェームスアレンがダイヤモンドビジネスをスタートさせたきっかけはどちらも「エンゲージリング」でした。

ブルーナイル誕生のきっかけは、一人の若きエリートが婚約者のためにエンゲージリングを探したときにひらめいたアイデアでした。

一方ジェームスアレンは、アレン夫妻がショッピングモールや宝飾店で希望のエンゲージリングが見つからないことを不服としたことがきっかけで始めたビジネスです。

そしてどちらもブライダルジュエリーの販売によって大きな利益を上げています。

両社が大きく異なるのは次に挙げたディスプレイで確認できるジュエリーの画像にあります。

ジェームスアレンとブルーナイルの決定的な相違点

 

ジェームスアレンがブルーナイルよりも大きく一歩リードしているのが、画像の精度の高さにあります。

人々がジュエリーを選ぶとき、画面に映し出されるダイヤモンドの画像が魅力的でかつ正確であるほど、購入を決断する後押しになります。

実はジェームスアレンもブルーナイルも、サイトに掲載されているすべてのダイヤモンドが自社在庫とは限りません。多くの場合ダイヤモンドの卸売業者から提供されることになっているダイヤモンドなのです。

そこで、ジェームスアレンではすべての業者にダイヤモンドの高解像度撮影システムを提供しています。

また得意先となる主要国には撮影スタジオまで開設しているほど。

こうしてより精度の高い画像をサイトにアップできる体制を整えています。

ちなみにこの360度ディスプレイ可能な映像技術を開発したのが世界的なダイヤモンドディスプレイ技術のリーディングカンパニーであるイスラエルのSegoma社です。

Segoma社が2014年にこの画期的なシステムを発表した直後の2015年、ジェームスアレンはこの映像記述を独占するため同社を買収し、自社の資産としたのでした。

もちろんブルーナイルも優れたシステムを備えており、今後もさらにバージョンアップを行い、ジェームスアレンも対抗して技術革新を進めることでしょう。

私たち消費者にとってはさらにショッピングがしやすくなることになり歓迎すべき競争です。

「ジェームスアレン/james allen」人気ジュエリーライン

販売員に邪魔されることなく、納得いくまでディスプレイ上に映し出されるダイヤモンドの輝き、詳細なデータを検討できるのが、オンラインショッピングの魅力です。

しかしジェームスアレンのオンラインサイトの膨大は選択肢は、時としてジュエリー選びの迷路になってしまう危険があります。

なにしろ、カット一つとっても定番のブリリアントカット以外に「エメラルドカット」「マーキスカット」「オーバルカット」他10種類以上あります。

そのうえ、リングデザインはセンターストーン立て爪タイプ「ソリテール」以外に「サイドストーン」「スリーストーン(トリロジー)」「ビンテージ」に加え、デザイナーズ仕様まで用意されているのです。

そこでぜひ参考にしておきたいのが「インスピレーションギャラリー」です。実際にジェームスアレンで購入した人たちのプライベートフォトは、何よりも確かな情報となってくれます。

もちろん360°ダイヤモンドディスプレイが可能となっています。

ここでは特に日本人好みのセッティングのリング情報を取り上げてみました。

スリーストーン(トリロジー)

 

※こちらはイメージです

エンゲージリングを日常的に指にはめるのが一般的なアメリカでは、マリッジリングとセットリングとして使えるようなデザインもよく選ばれます。

ブリリアントカットのセンターストーンとサイドストーンの組み合わせは日本人にも好まれそうなリングです。

 

プリンセス・カット(クォードリリオン・カット)

 

※こちらはイメージです

※こちらはイメージです

プリンセスカットのダイヤモンドに、パヴェダイヤのアームを合わせたエンゲージリングです。
カット面が多いプリンセスカットはよく輝き、インクルージョンなどの欠点が目立たず、研磨によるロスが少ないので、同じ価格の他のカットに比べてカラット数の大きい石が購入できます。

エメラルドカット

上品でクラシックな魅力にあふれるエメラルドカットは愛好家が多く、国内ではエメラルドカット以外造らないジュエラーもあるほど。

たとえば1カラットオーバー、日本人の感覚からすると相当大きな石も、エメラルドカットのシンプルなソリティアセッティングにシンプルなアームを組み合わせることで、初々しい雰囲気のエンゲージリングに仕上がります。

「ジェームスアレン」のジュエリーを手に入れるには?

 ※こちらはイメージです

ジェームスアレンのダイヤモンドは、オンラインサイトで購入することが可能です。
2018年10月現在まだ日本語サイトはありませんが、ショッピングそのものは可能です。

■ 公式サイト
https://www.jamesallen.com/

 

今後もジェームスアレンこそジュエリーECのリーディングカンパニー!

※こちらはイメージです

2017年以降ジェームスアレンは、米国の世界最大のダイヤモンド小売業者「Signet Jewelers」の傘下となりました。

しかし、ジェームスアレンがダイヤモンドビジネスに長くかかわるオーナーたちでが編成されたビッグチームであることに変わりはありません。

いわゆるミレニアル世代のほとんどはオンラインショップでのジュエリー購入に抵抗がないといわれており、おそらく多くの人がオンラインでエンゲージリングを購入する時代がまもなく到来します。

オンラインジュエリー販売の先駆者ジェームスアレンは、さらに期待を裏切らない高い品質のジュエリーを私たちに届けてくれることでしょう。

 

 

▼この記事についてのお問い合わせ先


リファスタ【金・宝石・ダイヤ・ブランド品買取】
https://kinkaimasu.jp/
東京・池袋 / 営業時間11:00~18:00(年中無休)
tel.0120-954-679

▼結婚指輪,婚約指輪の高価買取▼
https://kinkaimasu.jp/colorstone/marriageengagering/

▼ジュエリーの高価買取実績▼
https://kinkaimasu.jp/actual_results/

▼写真を送るだけの無料LINE査定▼
https://kinkaimasu.jp/line/

▼全国対応!宅配買取▼
https://kinkaimasu.jp/choice/

▼店頭買取・店舗アクセス▼
https://kinkaimasu.jp/accessmap/

イシス

アジア、中近東を中心に世界を駆け巡るアンティーク&ジュエリーバイヤー。買付のたびに現地宝石業者のコネクションを得て、今では本業の傍ら国内外のジュエリーデザイナーに素材提供するまでに。ジュエリートレンド、各国の宝石採掘情報、グランサンクのアンティークジュエリーが得意分野。

関連記事

  1. ジュエリーマキ[Jewelry MAKI]

  2. メゾンジュエル/MAISON JEWELL

  3. クリスティーナハン/Christina Han

  4. ミリアムハスケル[Miriam Haskell]

  5. マリーエレーヌドゥタイヤック/Marie Helene de Taillac

  6. [4/5]ブレスレットが欲しい! 本格的なジュエリーとしての一本を選ぶなら?

  7. [1]ピアスを中古で買ってみた!満足するために必要な2大ルールとは?

  8. デザート/Desserts

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カレンダー【Month Calendar】

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

▼当コラム運営サイト▼

PAGE TOP